PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
オールドレンズ沼への導き

オールドレンズ沼への導きVol.7 「Jupiter-12 35mm F2.8」

ソビエトが誇る広角レンズ「Jupiter-12 35mm F2.8」

さて、今回のレンズはロシアンレンズ「Jupiter-12 35mm F2.8」をお届けします。
DSC00535

DSC00540

レンズに関して

Jupiter-12は戦前、Carl ZeissがCONTAX用に出していたBiogon 35mm F2.8を模して製作されたレンズです。
ソ連のバルナックライカのコピーカメラ、ZorkiとCONTAXのコピーカメラKiev用に作られたレンズで、KMZが出し、後にLZOSとArsenalが生産に加わっています。
レンズバリエーションとしては前述のZorki用(Lマウント互換)とKiev用(CONTAXマウント互換)、見た目は製造元・年代によりクロームメッキ鏡銅と黒鏡銅の2種類が存在します。

淡い紫と橙色のコーティングの美しいこのレンズですが、特徴は何と言っても奥まった前玉に比例して飛び出している、後玉!
DSC00544

DSC00543

DSC00545
※写真のレンズにはLM変換リングが付いています。元はLマウント

この巨大な後玉が何とも言えない存在感を出してます。
しかし、この後玉が色々と悩みどころでして・・・(@_@;)
この後玉故に通常のLマウントレンズリアキャップは装着できず、専用の物が必要になります。さらに・・・
DSC00546

Mマウント-Eマウント変換マウントアダプターを付けてレンズを無限遠にすると・・後玉が飛び出します。
つまるところ、このレンズを付けた状態でマウントアダプターにリアキャップをつけることは不可能なのです・・・・
私の持っているマウントアダプターは幸い、ヘリコイド付きアダプターなのでレンズを繰り出しておけばリアキャップの装着は可能なのですが、なかなかキツイところ・・・
そんな問題を抱えつつ使用していますw

Jupiter-12 35mm F2.8を使用した写真

では、Jupiter-12 35mm F2.8を使った写真を・・・
DSC01760

DSC02452

DSC02481

DSC02569

DSC02515

DSC02587

DSC02549

DSC02621

DSC02605

DSC02627

DSC02660

DSC02680



開放での撮影とF8での撮影

DSC02561
シャッタースピード1/2500 絞りF2.8 ISO100


DSC02560
シャッタースピード1/400 絞りF8 ISO100


使用してみて…

レンジファインダー用レンズなので最短撮影距離が1mという辛さ・・・ヘリコイド付きマウントアダプター様様!・・・と言ったところでしょうか。そもそも35mmだと風景・スナップレンズでしょうから寄れなくても良い気がしなくもないですがねw
全体を通して言うと、予想通り周辺減光が凄いです。もしかしたら何か干渉している可能性もありますが、空なんかを入れると如実にわかりますね。ちなみに写真四隅にマゼンダ被りも確認できます。
そして被写体が無限遠に近くなると周辺の像の流れが強くなり、開放で撮影すると自動的にレトロエフェクトがかかったような絵になりますw
しかしながら中央は開放からシャープネスが効いていて、ボケも煩くなく、柔らかな印象。今まで使ってきたオールドレンズとは対照的で意外に(意外には失礼?w)滑らかで綺麗なボケ味で、なかなかの描写力。実はできる子!
逆光耐性に関しては言及するまでもなく弱々ですが、それが所謂「オールドレンズな写り」に一役買っているような感じです。

レンズの入手に関して

Jupiter-12 35mm F2.8は流通量も多く、簡単に手に入れることが可能かと思います。流通しているJupiter-12の殆どはLマウントタイプですが、CONTAXマウントの物も多々見られます。
相場は大体12000円~という感じでしょうか?シルバー、黒共にキレイな個体を見つけるのもそんなに苦ではなさそうです。
注意点としては前述にも書いたリアキャップ。Jupiter-12 35mm F2.8を購入するなら是非リアキャップ付きの物を購入しましょう!後から探すのは至難の業・・・
一応、対応したキャップを販売しているショップも存在はします。あとはマウントアダプターにレンズを装着後、マウントアダプターのリアにエクステンションチューブを噛ませてリアキャップをはめる。これが楽かもしれません。

総括

後玉の出っ張っているレンズはα7で使う時、変な汗が出ますね(・_・;)
シャッターに干渉しないかとか・・・結構色々ビビりながらテストしましたww
ちなみにこの後玉のせいで、Eマウントでもα6000などのAPS-Cカメラや、マイクロフォーサーズ機では使用不可です。

DSC00073

※いろんなレンズを付けまくったα7の図・・・気をつけよう(^o^;)


FEDのボディに手を出したときから欲しかったレンズの1つで、やっとゲットできたレンズではあるんですが、FEDやZorkiでこのレンズを使用する場合、ビューファインダーも必要なので、現在35mmビューファインダーを漁り中・・・
見つけたらすぐにFEDでフィルム撮影してみようかと思ってます。
フィルムカメラの記事も出そうかと思案中・・・

それでは今回はこの辺で!ヾ(゚ω゚)ノ゛
DSC00217 (2)

MINOLTAオールドレンズの復活

MINOLTAオールドレンズの復活Vol.6「MINOLTA ROKKOR-TC 100mm F4」

マウンテンロッコールの第2弾!「ROKKOR-TC 100mm F4」

今回のMINOLTAオールドレンズの復活は前回のMINOLTA ROKKOR-TC 135mm F4に続き、もう一つのマウンテンロッコールをお届けしたいと思います!
DSC00157

DSC00171

レンズに関して

前回、135mm F4を記事にしましたが、あのレンズと同じくこちらも某社にあやかり巷では「マウンテンロッコール」と呼ばれていたりしています。
135mmに比べて小さく、持ち運びが楽な大きさであり、その昔の山岳カメラマンには重宝されたことだと思います。
前回の記事にて載せましたが、このレンズの販売した背景には下記の理由が有ったとのこと。
一眼レフブームが熾烈化するに伴い、またファンの要望が広角から望遠に移行するにつれ、更にはミノルタSRの性能が一般的に高く認識されるに従い、他の交換レンズ専門メーカーでもSR専用交換レンズを廉価に販売し始めた。

~中略~

いざ購入するとなると値段に躊躇するもので、廉価な方をと決定を迫られる。比較的に安いレンズが良く売れるのは自然である。このような理由から当社でも100ミリ及び135ミリF4の望遠レンズをSR愛好者の要望に答えて、広角35ミリと共にF4シリーズとして販売した。

By T.Sahara

引用 - 写真工業 昭和35年 6月号 22ページ

いつの時代でも安いサードパーティ製レンズは重宝されるのですね・・・(最近そうでもなくなってきた?w)

見た目は135mmより小さく、より利便性の高い大きさになっていて、MINOLTA SR-2やSR-7とのマッチング性は大変良いものだったと思います。
さて、このレンズの特徴はもう一つあります。それはレンズ構成がトリプレットであること。
昨今、オールドレンズ界隈では「トリプレットレンズ」が密かなブームとなっています。トリプレット構成のレンズは昔、構成枚数の少なさからコストが安くレンズが作れるということで多くの会社がトリプレットを採用したレンズを販売していました。
トリプレットレンズは中央がシャープに写り、且つコストが安いという、とてもありがたい物なのですが・・・
あえてトリプルを採用したことは一つの欠点を除けば、明るさをF4とすることによって収差上の欠点を充分補い得るものだからである。そのただ一つの欠点というのは非点隔差が画面周辺に於いて僅か存在することである。

By T.Sahara

引用 - 写真工業 昭和35年 6月号 23ページ

上記引用も前回の記事に書きましたが、この話を砕いて言うと、中央はシャープなんだけど周辺は収差が出ちゃうし、3枚構成だから補正も限界がある・・という事で。
ただ、上記にも書いてある通りこの100mmと前回の135mmは敢えてムリをせず、開放F値をF4としたために上手くまとまったレンズになりました。
収差補正を犠牲にして明るさを確保し、昨今人気が出たのが「Meyer-Optik Trioplan 100mm F2.8」ですね。
開放での撮影で玉ボケがシャボン玉のようにたくさん出ることから人気が出たレンズですが、あそこまでとは言いませんがこの100mmもちゃんとたくさん出ます!(たくさん出るけどそれってつまり収差の補正がd)
ちなみにレンズ製作技術やコーティング、設計技術が上がった現在でも、トリプレットを採用したレンズがあります。

OLYMPUS ボディキャップレンズ ミラーレス一眼用  BCL-1580
オリンパス (2012-10-12)
売り上げランキング: 68,641

OLYMPUSのマイクロフォーサーズ用ボディキャップレンズですね!(ちなみに私も持っていますw)
このようにトリプレット構成のレンズは現在でもありがた~く使われているのです!(あれ?なんの話だっけ?)

ROKKOR-TC 100mm F4を使用した撮影写真

では、このレンズを使用して撮った写真を・・・
DSC01316

DSC01347

DSC01375

DSC01482

DSC01499

DSC01558

DSC01606

DSC01564

DSC01623

DSC01646

DSC01652

DSC01711

DSC01791

使用してみて…

まずやはり中央は開放からかなりシャープで、切れ味の良い描写です。開放F4と言うところでなかなかフィルムカメラでは厳しい場面も想像されますが、絞らなくてもある程度、シャキッと写るのはとても良いですねw
ボケに関しては安心の玉ボケ!w
でもやはり135mmよりは抑え気味な感じですね。中望遠且つ、寄れないレンズなので判りづらいのですが、撮り方次第では「グルグルボケ」の片鱗も垣間見えます。ボケを活かした写真を撮るならやはりヘリコイド付きマウントアダプターを使うべきでしょうか・・
ちなみに逆光耐性は135mm同様とても弱いレンズです。このレンズには「D45KA」もしくは「D48KA」のフードが対応品として存在しており、それぞれ前期型用、後期型用となります。後期型用のD48KAはROKKOR-TC 135mm F4と共用が可能なのですが、私の所有するROKKOR-TC 100mm F4は前期型で、D45KAのフードが対応となりますがフードが未だに見つけられておらず、今回はフード無しでの撮影となりました。
それでもこの柔らかなフレアは表現の幅を広げてくれそうで、私は好きです(*´д`*)

レンズ入手に関して

このレンズ自体、さほど高くなく入手可能な気がしなくもないんですが、そもそもあまり流通しているのを見たことがないです。135mmがあれだけ出回っているのに・・・対照的ですね。
オークションなどでは偶に出品されているところを見かけます。相場は5000円~20000円と言うところでしょうか・・?
もし購入するならば是非フードと一緒に購入したいところです。(前期型の場合は特に・・・)

総括

オールドレンズ界隈に「100mm・135mmレンズにハズレ無し」という言葉があります。(ほんとぉ?)
この辺の焦点距離のレンズはどれも優秀で良いものも多いんですが、逆に言うとどんぐりの背比べになってる感もあるので悩ましいですね。
MINOLTAに関してはこのROKKOR-TC 100mm F4のあとの100mmレンズは一部例外を除いて若干特殊レンズになるので差別化はできてるのかな?w


2回連続で望遠レンズの記事になったので次回は広角か標準域のレンズを取り上げたいなぁ。
あと、実はこの記事の連載を始めた時、レンズ製造の古い順でレビューして行こうかとか思ってたんですが、そうなると偏りが出てくるので関係なく書いていこうかと思っていますw
今回はこの辺で!

それではまた次の記事で!ヾ(゚ω゚)ノ゛

オールドレンズ沼への導き

オールドレンズ沼への導きVol.6 「Carl Zeiss Biotar 58mm F2」

今回のオールドレンズはCarl Zeiss Biotar 58mm F2

さて、大分久々となりました「オールドレンズ沼への導き」の記事ですが今回はタイトルの通り、Carl Zeiss Biotar 58mm F2(C.Z.Jena B 58mm F2)をお届けしたいと思います。
まずは外観から!
DSC00017

DSC00023



レンズに関して

DSC00020

レンズ外観はなかなかの渋さで、レンズ鏡銅は美しいシルバーカラー(アルミかな?)であります。ただ経年劣化のせいで鏡銅の美しさが失われているのが残念ですねぇ・・磨きしたいですねw
光学部分を見ると美しい青紫のコーティングが伺えます。実際に反射を見ても非常に美しいです(・∀・)
レンズ操作としてはヘリコイドは普通のレンズと変わりはありませんが、絞り操作が少々特殊でプリセット方式を採用しており、まず、絞り値の書かれている環の下のローレットの環を持ち、下に下げた状態で目的の絞り値まで回して環を上げます。
その後、絞りの書かれている環を持ち、赤い▼のマークに合わせて目的の絞り値に回すと絞りが絞られる、という自分で書いていてもなんだかよくわからない操作なのですが、何の事はない、実際に触ってると普通に操作できるようになりますww

レンズの歴史については最早語り尽くされているレンズであり、ここで敢えて書くことはしませんが、Carl Zeissが戦前から作っていたレンズの1つがBiotarです。私の個体は1958年あたりに製造された戦後2代目のBiotarで、4群6枚、絞りF2~F16、最短撮影距離50cm、C.Z.Jena B銘柄の物です。
この個体は以前、Tessarで書いた通り、東西ドイツ分断の折に東のCarl Zeiss Jenaと西のZeiss Optonとの間で商標権争いが起きたため、東側Carl Zeiss Jenaが輸出時に銘柄が使えない事による省略名が刻まれています。

Carl Zeiss Biotar 58mm F2を使用した撮影写真

このレンズを使用した写真を展開します(゚∀゚)
DSC09053

DSC09340

DSC09470

DSC09203

DSC09142

DSC09127

DSC09130

DSC09219

DSC09392

DSC09269

DSC09441


開放での撮影とF8での撮影

DSC09352
シャッタースピード1/2000 絞りF2 ISO100



DSC09353
シャッタースピード1/200 絞りF8 ISO100

使用してみて…

まず、私の個体は実は少々曇りが発生しているため半逆光・逆光ではコントラストの低下やフレアが発生します。それを加味してもBiotarは逆光に弱いのですが、それが逆に味になってるなぁと感じました。
レンズの描写力ですが、紫陽花の写真なんかを見ても開放から中央は割とシャープでとても良い写りです。
更に言うと「ボケ」が何よりBiotarの一番の特徴でもあります。
オールドレンズ遊びを語るにあたり、外せないのが「HELIOS-44 58mm F2」というレンズです。
このHELIOS-44というレンズはロシア(ソ連)がBiotarをコピーしたレンズで、そのグルグル回っているようなボケ味から急激に人気になったレンズです。
その大元となったBiotarはもちろんグルグル回っているような不思議なボケが発生します。青紅葉の写真なんかは若干出てるかと思いますが、このボケがさらに被写体を浮き出させているような不思議な写りを演出してくれます。

しかしながらこのBiotarとHELIOSでは違い・・・というか私の受けた印象が違います。
描写に関して言うとHELIOSは寒色が若干強い気がするのですが、Biotarは逆に暖色の色味が鮮やかに出るイメージで、HELIOSとは真逆の印象を持ちました。これはデジタルで撮影してもフィルムで撮影しても同じでした。
Biotarは温かみのある色合いなので人の肌との相性が良いのかもしれません。
もう一つはグルグルボケ。HELIOSは割りと簡単にグルグルボケが発生するイメージなのですが、Biotarは結構頑張って狙わないとグルグルしてくれいない感じでした。
完全なコピーでは無いにしろ受ける印象が若干違うのであれば両方買って使ってみたくなりますよね?(沼まっしぐらw)

使用してみての全体的な総括として私はこのレンズが大変・・・大変気に入りましたw
写りも良く、ボケも面白い、使って楽しいレンズです(*´ω`*)

レンズの入手に関して

このレンズ自体は特段、珍しいレンズではなく、フィルムカメラなどを取り扱っている中古カメラ屋さんでは良く見かけると思います。
コピーレンズのHELIOS-44は相場が~15000円程度と安めにありますが、BiotarはCarl Zeissということもあって20000円~35000円ぐらいの価格帯で推移しています。
レンズマウントはM42スクリューマウントとEXAKTAマウントがあり、EXAKTAマウントは他のレンズもそうですが結構安く手に入ります。

総括

実はまだ記事にしてませんが、先にHELIOS-44を手に入れ使っており、「元となったBiotarが欲しい!!」と思って買っちゃったレンズでありますw
見た目も美しく大変所有感を満たしてくれますが、実益も兼ねてくれるいいレンズです。
近代のコシナZeissやCarl Zeissレンズは高いので私のような貧乏人には買えませんが、オールドレンズであれば手が届くし楽しいしと買いすぎてしまいます(^o^;)

しかし、最近記事にしてませんがオールドレンズが増えまくっていてそろそろ抑えないと破産しそうで・・・ww
魅惑のオールドレンズ世界・・・本当に沼です・・いや海のような世界かもしれません・・・
みんなでオールドレンズの世界に落ちましょう・・こっちにおいで・・・(("ヘ('∇'*) オイデッ♪

それでは今回はこの辺で!ヾ(゚ω゚)ノ゛

DSC00314

機材

α6000で使うFE 85mm F1.8 (SEL85F18)

APS-Cカメラで使うFE 85mm F1.8

さて、FE 85mm F1.8を購入して2ヶ月が経ちました。
前回の記事にてα7+FE 85mm F1.8を使ったファーストインプレッションを書きましたが、今回はα6000を使って換算127.5mmの使用感を書いていければと思います。
DSC06633

α6000での使用感など・・・

α6000とFE 85mm F1.8の使用感はとても良好で、α7とのマッチングも良かったですが、α6000ともとても相性がいいです。
α6000で使用してもその軽快な機動性は健在でありとてもいいレンズです。
画角で言うと127.5mm。一昔前なら望遠レンズ並ではありますが、被写体を切り取る・・と言う意味では85mmより使いやすい画角であり、また、扱いの難しい画角でもあります。
現状、85mm以上の明るい単焦点は例外のSTFを除くとEマウントには無く、(っと書きつつBatis135mmが発表されましたが・・w)APS-CのEマウントカメラを使用している人がFE 85mm F1.8を購入する意味は十二分にあると思います。
本レンズに言及して言えばフルサイズ対応のレンズをAPS-Cで使うことで、レンズ中央付近の美味しい画質の部分を切り取って使えるメリットがあります。例えばα7にて使用した際に目立っていた開放での周辺減光はα6000での使用時は気になりませんでした。
上の写真を見ていただければお分かりいただけると思いますが、α6000とFE 85mm F1.8の組み合わせは収まりがよく、α6000シリーズユーザーにもオススメできる1本と言えるでしょう。

駄作ではありますが作例を・・・・・

α6000とFE 85mm F1.8の組み合わせはα6000のAFが速いというのもあって、なんかいろんなものを撮りたくなる・・と言うような感じでしたw
DSC00538

DSC00031

DSC00180

DSC00040

DSC00577

DSC00317

DSC00599

DSC00549

DSC00675

等倍切り出し
DSC00660

DSC00660_01


雑感などなど・・・

前回記事のα7でのインプレッションでいろいろ書いたので今回は短めに・・・
まず冒頭でも書いた通り、α6000シリーズユーザーにもオススメできる大変良いレンズであることをもう一度書いておこうと思います。
これからフルサイズEマウントボディを見据えているとしてももちろん使えるし、なにより手頃な価格であるから持っておいて損はないと思います。85mmには現在他社も含めると、今回の無印、GM、Loxia、Batisと4種ありそれぞれ特性、価格が違います。個々にとても良いところがありますが、このFE 85mm F1.8は特に性能と価格のパフォーマンスが優れています。
貧乏人の私にとっては願ったり叶ったりのレンズだったり・・・w

SONYからはこういったレンズがたくさん出てきてくれると嬉しいのですが・・・Gレンズ、Zeissレンズ、GMレンズとブランドがありますから今後どういう展開になるか未知数ですね(@_@;)
っと今回は短めですがこの辺にて!

それではまた次の記事で!ヾ(゚ω゚)ノ゛