PHANTOM ROOM

α7を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
機材

オールドレンズ機材の強い味方?TENBA TOOLS BOXシリーズ

今回はレンズやカメラじゃなくて機材です。



オールドレンズ集めをして、そのオールドレンズで撮影に行くときにいつも思うのが

オールドレンズに合ったカメラバッグが無い!ということ。



ミラーレス一眼がたくさんリリースされてそれに合わせたカメラバッグも販売されてきてはいますが、なかなかあったサイズが無い!

なんて人も多いんじゃないかと思います。



私は一番ダメなパターンで、1回の撮影で複数のオールドレンズで撮影しようと思うタイプ

なので、数本のオールドレンズを持ち運ぶのですが、バッグの中でレンズがゴロンゴロン…



そこで以前から目をつけていたある機材ケースを買ってみることにしました。



「TENBA TOOLS BOX」



DSC04919





DSC04918





DSC04922





元々はGoProやActionCamなんかを纏めて入れておくための機材ケースなんですが

実物を見たときに「お?レンズにちょうどいいかも」と思った次第です。



TENBA TOOLS BOXはサイズが3種類あり、今回私が購入したのは真ん中の

TENBA TOOLS BOX6というタイプです。



この手の機材ケース自体はTENBAだけでなくthinkTANKPhotoやLoweproなんかも出して

るんですが、完全にActionCam系機材入れに寄っています。

それに比べTENBAのケースは、中に仕切りがあるだけで特段入れるものを指定してるわけ

ではないのでいろんな機材が入れられるというわけです。



私的には仕切りを追加で個別販売してくれると、とぉ~っても嬉しいんですが難しそうですね。





サイズは奥行7cm×横幅22cm×高さ16cm の正方形に近い形。

画像からも分かる通り持ち手がついているので単体運用も可能です。





さて実際にレンズを入れてみました。最近持ち運ぶ機材をチョイス。

DSC04925





DSC04929





入れている機材は上の列左から順に



CHUYOKO(MINOLTA) SUPER ROKKOR 50mm F2.8

CHUYOKO(MINOLTA) SUPER ROKKOR 45mm F2.8(後期型)

PK-Eマウントアダプター

(PK-Eマウントアダプターの下に)LeicaM-m4/3マウントアダプター

RICOH XR RIKENON 50mm F2

HELIOS-44M-4 58mm F2

Jupiter-8 50mm F2

(Jupiter-8 50mm F2の下に)LeicaM-Eマウントアダプター

M42-m4/3マウントアダプター

M42-Eマウントアダプター



マウントアダプターを別にして持ち運び、フルにレンズを入れればオールドレンズが

8本ぐらいは入りそうですね。

中の仕切りは位置の変更ができるので背の高いレンズは横向きに入れたりと工夫ができそうです。





レンズ群を収納したうえで愛用のカメラバッグ(TENBA メッセンジャーバッグミニサイズ)

に入れてみました。

DSC04930





画像ではTOOLS BOXを立てに入れてます。

メッセンジャーバッグミニサイズだとTOOLS BOXを入れた上にミラーレス一眼1~2台、ズームレンズ1~2本は入る余裕があります。

これはなかなか有能なアイテムなんじゃないでしょうか!?





レンズだけでなく、α6000ぐらいのミラーレス一眼なら収納できそうです。

ミラーレス一眼のユーザーなら旅行などに行くときに、バッテリー等を含めてまるごとこのケースに入れて旅行バッグに入れちゃうなんていうのもありですな(^o^)







オールドレンズは基本的にMFで絞りも手動なものがほとんどですので

現代のレンズに比べて、圧倒的に小さいです。

そういったレンズを持ち運ぶと考えると、なかなかバッグの選択が難しく思えます。

なのでこういったアイテムなどを活用して、貴重なオールドレンズを傷つけることなく、

持ち出して撮影していきたいですね(*´ェ`*)









TENBA TOOLS ツールボックス6 グレー 636-242



テンバ (2015-04-28)

売り上げランキング: 367,876















機材

イージーラッパーという不思議なアイテム

だいぶ前の話ですが、CP+2016でいいものを見つけました(^o^)

イージーラッパー!

巻くだけでくっつく新世代・風呂敷! イージーラッパー L(470×470ミリ) カモフラージュ JHT9576-LC

これが非常に便利なアイテムなんです!

昨今、ミラーレス一眼などの小型カメラが増えカメラバッグではなく普通のバッグに

カメラを入れて持ち歩く方々も多くなったのではないでしょうか?


ミラーレス一眼は基本的に収まりのいい小型のボディに小型のレンズが付いたタイプが多く、

レンズをつけっぱなしで持ち運ぶ・・・

なんて方も多いでしょう!(α7から目を逸らしながら・・)




カメラ用のラッピングクロスといえば正方形状の布にゴム製の輪っかがついていて

カメラやレンズをラッピングしたあと輪ゴムで固定する。

そんな仕様のもが主流かと思います。


しか~し!EasyWrapperは違うのです!


イージーラッパーは見た目こそ普通のラッピングクロスに似てますが大きく違うところは

留め用の輪っかが無いこと。


じゃぁ包んで終わりか?と言うと違うんです。

EasyWrapper1


では初代NEX-5を包んでみましょう(゚∀゚)

EasyWrapper2


包み方は自由です。4辺を畳むようにNEX-5を包みます。

EasyWrapper3


はい!出来上がり!

これで終わりです。

ん?これだとただ包んだだけだと?




いやいや。しっかり固定されてますよ!!




このイージーラッパーは表生地と裏生地がくっ付く素材でできており包むだけでOKなのです!!





どのくらいの力でくっ付くかというと・・・

EasyWrapper4


一部を剥がして端っこを持って・・・

EasyWrapper5


ブンブン!!!

振っても剥がれません!!!!!


かなりの強度です!NEX-5はバッテリー等含んでおよそ300gですがびくともしません!






こちらのツイートは以前Twitterでイージーラッパーを紹介した時の物。

結構振っても外れません!




今回お見せしてるのはSサイズ(280mm×280mm)ですがこれに更に

Mサイズ(350mm×350mm)

Lサイズ(470mm×470mm)

XLサイズ(710mm×710mm)

イージーラッパーロール(750mm×230mm)

の計5種類があります!

カラーはそれぞれ黒、カモフラージュ、さくら迷彩の3種類。




イージーラッパーロールは最近出た新しい物で横長のイージーラッパー!

CP+2016ではスタッフの方が首に巻いてマフラー代わりにも・・とアナウンスしてましたが

確かに素材的には風を等しにくく、温かいかも!




カメラを包むだけでなく色んな物に使えそうなイージーラッパーですが私が持っているSサイズは

EasyWrapper6


EasyWrapper7


私が持っているWindows10タブレットのドスタブDG-D08IW(現在は新型が発売)

がぴったし入りますw


そのほかには

EasyWrapper8


クッションのついていないアルミ三脚に巻くことで冬場などに活躍するかも!?




様々な使いみちが考えられるこのイージーラッパー。

非常に便利なので是非使ってみてください!


詳細はジャパンホビーツールさんのHPを!

URL:http://www.japan-hobby-tool.com/












機材

Micro Four Thirds System

一日に2件も記事書いたらネタが無くなっちゃうwww



さて、新機材の導入です。



デジタルではSONYのAマウント、Eマウントを併用し、

一時期だけニコンFマウント(Nikon D100)を使用していました。



今回、新たに我が機材として加わったのは・・・

GM1



マイクロフォーサーズシステム

Panasonic LUMIX DMC-GM1



まさか私自身、マイクロフォーサーズに手を出す日が来るとは思ってませんでした。





以前、カメラ仲間のoff会の際に持っている方が居て良いなぁ・・小さいなぁとは思ってました。

最近になり別のカメラ仲間とoffをした時になんとみなさんGM1を持っていて驚きましたw



沸々と湧き上がる物欲。

コンパクトデジタルカメラほどしか無い大きさなのにレンズ交換式デジタル一眼・・・

みんなが持ってる(ここ重要)

さぞ楽しいんだろうなぁ・・と思っていたら何かの縁!

なんとお世話になっている方から安く譲っていただけることになり

私の手元に来ました!



感想としては・・



「小さい!」「軽い!」「タッチパネルだ!」



と子供のようにはしゃいで触ってますw

今までガチガチのSONY党のため操作系が覚束無いのですが楽しいですw

とにかく小さい!この感覚は初代NEX-5を見た時に近い!

マイクロフォーサーズの良さを全面に出した感じですね。



今回、ボディのみ入手のためレンズが無いので早速M42マウントアダプターを購入w

GM1 M42



オールドレンズ資産なら数百本あるのでこれで今月は遊びつつ

12-32mmのズームレンズを購入しようかと思います。



っというわけでこれからはSONYαシリーズとマイクロフォーサーズのシステムで

遊んでいきます!!



(ん?似たようなカメラ構成を何処かで…もしかして:某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ )










機材

LA-EA4が戻ってきました!

遅くなりましたがLA-EA4が戻ってきました!



LA-EA4



さてさて、指でダイレクトアタックをしてしまったLA-EA4ですが修理が終わりました!





今回、久々にSONYの秋葉原サービスセンターに行きました!

以前、現役を引退し隠居生活をしていたα200を再び酷使するため縦位置グリップの修理に出した以来なので3~4年ぶりぐらいに行きましたw





秋葉原サービスセンターにてLA-EA4を預けた際に驚いたのは修理見積もりの連絡方法。

以前はTEL連絡でしたが今は携帯にSMSで連絡をくれるそうで、そこで見積金額が見れます。

さらに添付してあるURLをクリックし、修理するかしないかの選択

ができるようになってました!

修理完了もSMSでの連絡が可能で日中、忙しくて電話に出れない私としては大変

ありがたいサービスでしたw





はてさて修理に関してですが今回、ミラー部分破損のためおそらくパーツ交換。

いくら掛かるのかドキドキでした。

なにせもともとの金額が金額ですから結構な価格なら一層のこと・・

などと考えていたのですが見積金額を見て拍子抜け・・





「5292円」





むむむ・・安い・・・

1万円台かなぁとか思っていたのですが思ったより安くて助かりました(^_^;)





4~5日で修理完了!

請求明細書はこんな感じ

IMG



※一部修正しています(ニッコリ)



あのトランスルーセントミラー(?)は「P.O.I」と言うのか・・

ミラーのおかげで高速AFが可能なLA-EA4ですがα77やα99と違って両面からミラーに

アクセスでき掃除しやすい分、気をつけないと傷つけてしまいます(;´Д`)



α55やα77が発売された時も「エアーダスターのノズルが飛んでミラーに貫通した!」

なんて話を聞きましたから怖いですね・・・





みなさんも取り扱いには注意しましょう!(戒め)


機材

LA-EA4を傷つけてしまいました・・・・

ご無沙汰しております!

今回ちぃーっとばかしやらかしました・・・



LA-EA4







やっちゃいました・・・







定期的にレンズやボディのクリーニングしてるんですが今回、

LA-EA4の接点を綿棒でクリーニングしている時に咄嗟に鳴った電話を取ろうとして

やらかしてしまいました( ;∀;)



LA-EA4はSONYユーザーの方なら知っている通りトランスルーセントミラーを搭載したマウントアダプターでEマウントボディでAマウントレンズ資産を使うためには必須と言っても

過言ではないアイテムです。



私自身もα7を購入してからすぐに購入して使用してきました。

利用頻度も結構高く、専らSAL85F28を付けて撮影していました。



トランスルーセントミラーは非常に薄いフィルムのようなもので取り扱いには

注意していたんですがやってしまいました・・・



今月末辺りに修理に出して見たいと思います。

ついでにその状況もブログに載せれたらと思います(@_@;)










このカテゴリーに該当する記事はありません。