PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
オールドレンズ沼への導き

オールドレンズ沼への導きVol.8 「TAMRON SP 90mm F2.5(TAMRON 52BB)」

伝説のマクロレンズ?TAMRON SP 90mm F2.5(TAMRON 52BB)

今回は伝説のマクロレンズである通称「タムキュー」の2代目、TAMRON SP 90mm F2.5(TAMRON 52BB)をお届けします!
DSC00146


レンズに関して

通称「タムキュー」。
一眼レフカメラをキットレンズで購入された方は、初めての単焦点レンズとしてタムキューを選ばれた人も多いのでは?
中望遠マクロの地位、名声を縦にした鉄板マクロレンズの2代目として世に出たのが今回のTAMRON SP 90mm F2.5(TAMRON 52BB)です。
初代に引き続き、シャープな写り、柔らかなボケ、暖かな色味。これらの要素を堅持しつつ更に使いやすくした2代目の52BBは初代52B同様に複写や動植物の撮影だけでなく、ポートレートなどにも使われ、「ポートレートマクロ」という言葉を確立させました。

実はTAMRON 90mmマクロレンズの歩みは現在のSP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD のページにも書かれているのですが、旧TAMRON公式サイトの「90mmマクロ伝説」に更に詳しく書かれているので是非ご覧になってください。
(TAMRONさんはせっかくなので今の公式サイトにもこの「90mmマクロ伝説」載せてください!)

さてレンズの見た目ですが、今回の写真ではフードを外していますが前玉繰り出し式なので結構長いです!
DSC00176

DSC00177


これにフードを付けるのでなかなかの大きさ!
この時代はまだハーフマクロが主流だったので、等倍撮影には別途専用のマクロエクステンダーが必要になります。

TAMRON SP 90mm F2.5(TAMRON 52BB)を使用した写真

いつも「オールドレンズ沼への導き」と「MINOLTAオールドレンズの復活」シリーズの撮影は新宿御苑で行っているのですが、今回たまたま井の頭恩賜公園に行く機会があったのでそこでの写真も交えています。と言いつつ寄り写真が多いので違いが全くわかりませんが・・・ww
DSC00428

DSC00446

DSC00494

DSC00662

DSC00728

DSC00797

DSC02277

DSC02327

DSC02341

DSC02352

DSC02378

DSC02390


使用してみて…

まずハーフマクロである本レンズですが、ハーフだからといって不便かと言われればそんなことはまったくなくて・・・
ハーフでも十分ですねw スペックで言うと最短撮影距離0.39mで倍率はハーフなので1:2。90mmの焦点距離で考えるとまったくもって不満のないスペックです。

実際使ってみてこのレンズ、兎に角ピント面のシャープさは現代レンズにも劣らない性能です。とてもキレのある描写力で驚きました・・・「伝説のマクロレンズ…なんという性能だ・・」と・・。このレンズ、1988年発売なのでもう30年も前のレンズなんですがね・・・
ボケも柔らかく、開放F2.5という明るさも相まって想像よりボケてくれます。今回の撮影ではほとんど開放での撮影ですが、ピント面のシャープさとそれを際立たせる柔らかなボケ味。階調も豊かでケチの付け所がない!
使い心地のとても良いマクロレンズでした。タムキューがその初代の販売からずっと人気なのが頷けます。
さらに言えばこのレンズはTAMRONが誇るマウントシステム「アダプトール2」を採用しているので任意のマウントシステムに変更可能というのがなんともお得感を誘います。CanonにもNikonにもMINOLTAにもこのレンズを使えるという嬉しさ!
せっかくなので今度、Nikon F4Sにでも付けて使ってみようかと思います(*´д`*)

レンズの入手に関して

伝説のマクロレンズ!と言われており初代の52B共々なかなか人気のレンズではありますが、そこそこの流通量があるのでお値段は控えめ。
中古カメラショップなどでは15000円~からあります。ヤフオクなどのオークションサイトでも6000円~ぐらいから探せそうです。
アダプトール2のマウントは中野にある「フジヤカメラ」のジャンク館に多種多様に転がっているので若干安いマウントなしの52BBを購入後、アダプトール2のマウントを別途用意するのもあり?

総括

タムキューを買ってる人って周りにかなりいらっしゃるんですよね~。私の周りだとModel 272EとF004を持っている方が多いかな?
カメラを初めた頃、タムキューは鉄板レンズだからと周りからすすめられたこともありましたが、私は結局MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8 (Ⅰ型)を買いました。でもその時から中望遠マクロとしては値段・写りの両立がとても良いと思っていました。

私の持っている52BBは実はニコイチのレンズで、外装ボロボロだけど光学キレイな個体と光学曇りカビだらけだけど外装キレイな個体を分解して組んでいます。
その予定ではなかったんですが、ジャンク漁りをしている時にたまたま目に入り購入した個体が前のオーナーがイジったのか相当中がボロボロにされていて、困った挙句、更にジャンクの52BBを買い足すというハメになりました(・_・;)
ジャンク沼は深いので気をつけないと・・・(@_@;)

ちなみにミラーレスで使用する場合はアダプトール2のマウントを用意しなくても装着できるアダプターがあるのでそちらの購入をオススメします。

マウントアダプターってホント色んな種類があって沼ですねぇ・・困ったもんだw
最近はホントにマウントアダプターからレンズが生えてきてる状態なので抑えないと・・・


って事で今回はこの辺で!ヾ(゚ω゚)ノ゛


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。