PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
機材

SONY FE85mmF1.8(SEL85F18)を購入した(゚Д゚)

影の薄かったSEL85F18


前記事
にてCP+2017の事を書きました。
その際に「STFの影であまり話題になっていないですが私はこちらもものすごく気になっています。」と書いたレンズが有りました。

「SONY FE 85mm F1.8」

私的には偉そうでありますが、「SONYがSTFレンズを出すなら素晴らしいレンズになるのは当たり前!」と思っていまして、実際に3月24日に発売されて以降、SEL100F28GMの素晴らしさは言うまでもなくユーザーの思い知るところとなりました。
そんな中、実は販売前は殆ど予約されず、注目度も無かったのに販売開始後からじわじわ売れているのがFE 85mm F1.8なのです。
某量販店でも専門店でも聞くと「予約は殆どなかったのに、じわじわ売れてて在庫が少なくなってるのは事実ですね」と。

SONY Eマウントレンズでこの画角だと先に2015年夏に発売したCarl Zeiss Batis 85mm F1.8をお持ちの方が結構いらっしゃるんじゃないかと思います。そんな中でSONY純正で85mm F1.8が発売しました。


半ば勢いで購入・・?

私の機材で言うと85mm付近ではすでに「SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS」を持っています(買ったよ―!!)
なので正直、この画角帯を購入するのは躊躇しました。欲を言えば広角か望遠(SEL1635Z、SEL28F20かSEL70300G)が欲しかったのです。
しかし、α6000購入記事で書いたと思うのですが、そもそも昔、スナップ撮影をしていた時はα77+SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMで撮影をしてた訳で、画角を考えるとFE 50mm F1.8では足らず・・・かと言ってα7+SEL90M28でやるのは少々大きいし明るさも足らない。
更に言うと、実はα7で一番使ってるAFレンズは何を隠そう「SONY 85mm F2.8 SAM」なのです。
初めてレンズ群の1つで有るSAL85F28はあんまり売れなかったレンズなんだそうですが、私はすごく気に入っていて、軽くてボケが良くて寄れる最高のレンズだと思ってます。
ただ、メイン機材がEマウントとなってしまった以上、どうしてもLA-EA4を挟まないと使えないわけで・・・そうなると嵩張るし、AFも遅い。
あ~だこ~だ考えてるうちに「わぁぁぁぁぁぁ買ったたれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」となり、勢いで購入したわけですw
ちなみに発売直後のレンズを買ったのは初めてかもw




まずは見た目!
DSC00283
正面からの見た目はやっぱり大口径レンズらしく、前玉がドーン!と見えていていい感じ!フィルター径は67mm。
レンズ口径だけで考えればFE 85mm F1.4 GMの77mm、AマウントのPlanar T* 85mm F1.4の72mmより小さいですね。

DSC00287
上からの見た目。フード付きです。私のα7の痛みが目立ちますが・・ww
フードを付けた状態でもα7との一体感はとてもいい感じ!α7MarkⅡシリーズとの相性はもっといいと思います。

DSC00289
横からの見た目。スイッチ類はAF/MF切り替えスイッチとフォーカスホールドボタンのみ。
シンプルです。話は逸れるんですが、このフォーカスホールドボタンにカスタムキー設定で瞳AFを割り当てると利便性が上がるのですが・・・α7では割り当ての項目がないんですよね・・・α7を3年半も使ってて全く知らなかった(;・∀・)
個人的にはピントリングのローレットがゴムじゃないってところが高ポイントです。
Aマウントレンズですが、SAL16105を使っていた時にいつもゴムローレットが白くなったり、汚れたりしていて困っていたのですが、これは良い改善です(*´ω`*)


駄作ではありますが写真を・・・w

購入したのが上のTweetの日付通り3月26日で、なかなか撮影する機会がなかったのですが、新宿御苑に行ってきたのでそこでの写真を展開します。
今回のレンズ、FE 85mm F1.8を購入する、または検討される方は基本的にポートレートを撮られる方が多いんじゃないかと勝手に思っているのですが、なんと私は唯一撮らない被写体が「人物」なのです!(なぜ買ったし!)
なのでなんの参考にもならないんじゃないかという一抹の不安を抱えつつ、写真を貼っていきますw

※共通データ「CS:ビビット ISO:AUTO WB:曇天 JPEG撮って出し ロゴのみ加工」
DSC03490

DSC03555

DSC03531

DSC03482

DSC03141

DSC03130

DSC03217

DSC03419

DSC03256

DSC03288

DSC03318

DSC03323

DSC03379

DSC03685

DSC03649

DSC03808

DSC03770

DSC03727

DSC03853

DSC03857

DSC03904


※詳細データはflickrにてご確認ください。

逆光耐性
※F1.8
DSC03632

※F8
DSC03588


雑感などなど・・・

今回、SONY FE 85mm F1.8を購入し、α7につけて撮影してきたわけですが、まずウィークポイントを先に・・

1.最短撮影距離0.8mは他85mmレンズでも標準では有るがやっぱり寄れない。
2.α7との組み合わせ特有なのかピン抜けが結構起こる。

この点が気になりました。
まず、1.ですが、これは仕方ないですねw他社85mmレンズも同じような感じですし。ただSAL85F28は最短撮影距離が0.6mで撮影倍率0.2倍と結構寄れたのでそれを思うと惜しい気がしなくもない。もっともあちらはF2.8ですし一長一短なのかなぁと。
2.のピン抜けはまぁα7ということも有るのかもしれないですが、中央の像面位相差エリアでポイントを指定していてもどうしても後ろの被写体にピントが合ってしまうことが多々あった。これもレンズのせいと言うよりはカメラ側のせいな気がする(^o^;)

逆にストロングポイントは結構あって、何よりも軽量なレンズであり、機動力が抜群に良いということ。α7との組み合わせは800g弱でとっても軽い!これが本当に楽!
更にFE 50mm F1.8とは違い、AFの速度が速い。凄く速いわけじゃないけど、FE 50mm F1.8とは比べ物にならないくらいは速いw
あと、描写に関してはまずボケ。点光源などで発生する丸ボケが非常に綺麗。これは非球面レンズ不採用の恩恵なのだろうか・・?とてもスムースで、是非イルミネーションなどで使ってみたい!
そしてなにより驚いたのがシャープネス。開放F1.8でも結構シャープで私的には文句なし!更に絞るとぐ~んっとシャープさが上がっていく。F2.8やF4で撮影した写真を見ても90mm MACROに匹敵するシャープさを感じられた。これはとっても驚き。
値段で云々言いたくはないんですが、このお値段でこの解像感は非常にお得だなと思いました。


FE 85mm F1.8ですが、このクラスのレンズは競合相手が結構あります。直接的なライバルとしてはスペックがほぼ同じCarl Zeiss Batis 85mm F1.8だと思いますが、私はBatisを持っていない・・・というか見送ったので今回FE 85mm F1.8を購入しました。
これからどちらかを購入する予定の方は悩むのではないかと思いますが、正直優劣つけ難いんじゃないかと思います。
その時はその場のノリと勢いですかねw
兎に角、私はFE 85mmF1.8を買って良かったと思ってます。これからガッツリ使い込んでいきたいです!

それではまた次の記事で!ヾ(゚ω゚)ノ゛
DSC_0602-01

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。