PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
MINOLTAオールドレンズの復活

MINOLTAオールドレンズの復活Vol.4 「MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8 前期型」

第3弾!!!

今回のMINOLTAオールドレンズの復活は




「MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8 前期型」

です!

SONY α7 + MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8_01


中古カメラ屋さんやリサイクルショップのジャンク籠にたくさんあるレンズ。




SONY α7 + MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8_02


SONY α7 + MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8_04


SONY α7 + MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8_03


MINOLTAがミノルタスカイの開発販売を断念し、急遽開発され1958年に販売されたMINOLTA初一眼レフカメラ「SR-2」に標準レンズとして付属されたのがこのMINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8です。

この55mm F1.8は一部噂によるとLマウントレンズであるCHIYODA KOGAKU(MINOLTA) SUPER ROKKOR 50mm F1.8を一眼レフ用に再設計したものと言う話がありますが真相はなぞ。

先に書いたようにこのレンズ、とにかく巷でよく見かける(^o^;)




レンズ自体は前期、後期とあるがどれもよく見かけます。

SR-2自体は殆ど見かけないんですが代わりに1959年に発売された廉価版のSR-1を良く見るのでそちらと一緒に購入された方が多かったんですかね?

(SR-1の付属レンズはAUTO ROKKOR-PF 55mm F2だったが後にF1.8に変更)





さて、ではよく見かけるこのレンズ。

写りはどうなのかと言われると私的には

GOOD!!

である( ・´ー・`)どや

緑


なにが?と聞かれるとこのレンズ、開放から中心がしっかり写る!

中心だけ切り取ればオールドレンズらしからぬいい写りをします。




全体的な彩度、コントラストも十分で非常に良いレンズだと感じています。




そら


開放では中心はよく解像していて、周辺は流れる感じ。減光も多め。




そら


しかしながらF8まで絞ると周辺の像の流れ、減光が気にならないレベルまで良くなり普通に現代レンズのような描写になりますヽ(*^^*)ノ




ね?中々いいレンズでしょ?




C-46A


モノクロ時代のレンズでありながら十分に開放からカラーに耐えるレンズ




放送塔


そんなイメージが有ります。

今回は用意していませんがこのレンズをα7につけてクリエイティブスタイルを白黒でポートレートなんか撮ったりするとかなり味のあるいい写真が撮れます。




逆光


MINOLTAは世界で初めてマルチコートをレンズに施したメーカーでもあります。しかしながら逆光耐性に関しては時代なりと思います。まぁでもこのレンズも緑のロッコール(*´д`*)





お次はこのレンズのボケ味。




HORSE MEN?


二線の傾向が強く見られるけど背景処理をしっかりすればいい感じに仕上がるかなぁと感じますね。




オオハンゴンソウ


ただボケ量が大きいのでピント部分の立体感が結構出ますね(*´д`*)




きのこ


点光源のボケがたくさん出るのでイルミネーションなんかでの撮影は賑やかそうww




花畑


こういう撮り方をするとなかなか好みが分かれる感じ。私は好きなんですけど汚いと感じる人も・・・。






☆レンズの入手について☆

冒頭でも言いましたがどこでも結構手に入るレンズですw

しかもとにかく捨て値!安くて簡単に手に入るMINOLTAオールドレンズの入門レンズかなと。

価格も500円~と非常にお手頃。まだ持っていなければぜひ1本は持っておいても良いかも!





今回のMINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8ですが入手性に比べて非常に良いレンズだと思います。むしろ最近へんなレンズばっかり手を出していたせいで面白みが欲しいとさえ感じるぐらいいいレンズですwww





初一眼レフカメラにこのレンズをセットでつけたMINOLTAはやはり凄いし、惜しいとは思いましがLEICA M3の対抗として作っていたミノルタスカイを中止したことは英断だったといえるかもしれないですね。しかもこのレンズの後には人気の58mm F1.4をリリースしてますから流石です。







前回記事から丸々5ヶ月経ってますがこのペースでは

ダメだろうと反省しつつ次回のレンズを模索します(^o^;)






(`・ω・´)








1 Comments

てーあい says..."No title"
おおぅ、更新が止まってる!が気にしないで書き込みますぜ!
今年1年お世話になりました。ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!m(_ _)m
2015.12.30 21:19 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://phantomroom.blog.fc2.com/tb.php/32-ecbd29fa
該当の記事は見つかりませんでした。