PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材

物欲のままに・・MAMIYA RB67を購入

物欲が止まらない!



1ヶ月以上ブログを更新せず、何をやっておるのか!

っと怒られそうですがサボってすいません(´;ェ;`)ウゥ・・・




さて、実は今MAMIYA 645 PROという中判カメラを所有しており、

時折撮影を行っております。




システム化されたカメラで、組み合わせによって撮影スタイルに合わせられるという優秀なカメラです。レンズ、ボディ、フィルムバック、ファインダー、ワインダーがすべてバラバラにでき、電動ワインダー、ウェストレベルファインダー、135フィルムバック、ボラロイドバックなど様々なアイテムが用意されているのです。

MAMIYA 645 PRO


非常に素晴らしいカメラなのですが、このカメラを手に入れ、使い始めた頃から

男心を擽るあるカメラが気になっていました。




MAMIYA RB67




無骨なデザインに大きなボディ。そして6×45ではなく6×7という大きいフォーマット。

非常に気になる存在でした。しかしMAMIYAには6×7フォーマット一眼レフカメラが2種類あり

RB67とRZ67

この2つがあります。RZの方が新しくRBは機械制御、RZは電子制御という面があります。




店頭で使ってみた感触としてはRZは電子系なのでいろいろ頼りになる部分もあったのですがRBの方は機械式のため撮影している感が強かった印象がありました。




そんな中、ちょっとMAMIYA 645 PROの状態を診てもらうためMAMIYAのSCへ行くことに。

そこでエンジニアの方とお話をしていた時にその方に

「やっぱりRB67だよね!楽しいカメラだよ!機械式は!」

と言われ決心がつきました。




っというもののRB67は3種類あり

「MAMIYA RB67 Professional」

「MAMIYA RB67 Professional S」

「MAMIYA RB67 Professional SD」

とあります。更に発売した時期も古く、一番新しいProSDで1990年!




機械部分の劣化はもちろん、モルトも劣化は必至でしょう。

なかなか良いものに当たらず、更にその間にROKKORレンズなどを買い漁っていたので中々購入する機会が得られませんでした。




最近になってオークションを覗くようになってようやく金額と状態のバランスのいいものにあたり購入となりました!

MAMIYA RB67


MAMIYA RB67 Professional Sを購入!

購入時のRB67は動作良好、ただしレンズ無し、ウェストレベルファインダーに凹み、モルト劣化という状態でした。




まず行ったのがウェストレベルファインダーの凹み修理。これは完全には治りませんでしたがある程度は見栄えが良くなったかな・・?

そして問題なのはレンズ無しなので別途レンズの調達を行わなかればなりません。

そんな時に助かるのが「フジヤカメラ ジャンク館」です!w




ちょこっと探すとMAMIYA-SEKOR C 65mm F4.5が捨て値で転がってました。

フィルター枠に凹みありでしたがあて布しながらプライヤーで直してある程度復旧。ついでにジャンクカゴにあった65mm用フードもゲットして満足(*´Д`)




最後の問題がモルト。

実はRB67には専用の張替え用モルトを販売している業者さんが居るのですが当初、そこのモルトを買って張り替えようと考えてました。

しかしいじっているうちに面倒くさくなって1.5mmのモルトを買ってきて自分で張り替えることにしましたw

MAMIYA RB67_02


MAMIYA RB67_01


MAMIYA RB67_03


MINOLTAのカメラボディのモルト張替えは何度もしてきましたがMAMIYAのモルトは劣化すると溶けるようでベトベトになっていて剥がすのに苦労しました。

カッティングして貼るのはそんなに苦労せず出来ました。




ついでに120フィルムバックは付いてきた奴が状態があまり良いものではなかったので、いつもお世話になっている「新宿中古カメラBOX」さんで状態のいいジャンクを買ってきて付け替えていますw

これでとりあえず主要なパーツ調達、修理はできたところです。




試写したいのですが時間がないので次の休みに行います。これでOKなら晴れて実戦投入です!






今回はこのへんで(*´∀`)





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://phantomroom.blog.fc2.com/tb.php/30-549bba55
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。