PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
オールドレンズ沼への導き

オールドレンズ沼への導きVol.5「KMZ Jupiter-8 50mm F2」

Vol.3、Vol.4とオールドでも何でもないレンズでしたがVol.5はオールドレンズ!



今回は

「KMZ Jupiter-8 50mm F2」

です!



DSC07972





DSC07975





DSC07977





DSC07978





今はなきソビエト社会主義共和国連邦が誇るJupiterシリーズはCarl Zeiss Sonnarを

模して作られました。



今回の「Jupiter-8 50mm F2」は戦前のSonnar 50mm F2を元にして作られたもので、

私が所有している個体は恐らく1975年製のものです。



Jupiter-8はSonnarを元にと書きましたがそのSonnarは戦前のもの。

戦後のSonnarは開放でも切れのある描写をしていたのですが・・・・

当のJupiterは戦後個体もそんなに変わらず開放ではふわっとした柔らかい描写をします。

何故なのかはよくわからんのですがお陰で私好みのいいレンズです(*´д`*)



っと言いつつ元はSonnar。値段を割りにはよく写ると巷では評判!

ソ連の具現化みたいなレンズですw







Jupiter-8の特筆すべき点は優れた描写だけでなく「軽い!」という点!

DSC07981



缶コーヒー1本分という軽さ!!

非常に軽いです!

この軽さのお陰でα7はもちろんPanasonic GM1につけてもバランスがいいですw



フイルム機だといつもはFED2かFED5Bを使うんですがどちらもバランスはBEST!

(ただしレンズが黒、ボディがシルバーなので見た目は・・う~ん・・w)







では毎度恒例!作例とすら言えない写真の数々を御覧ください(;・∀・)



DSC01843





DSC02007





DSC02125





DSC01855





DSC02043





DSC01868





DSC02147





DSC02162





っというわけですが久々にLマウントレンズを使うと一番気になるのが

「絶望的に寄れねぇ!!!」

ということで・・・基本的に最短撮影距離1mぐらいですからね・・辛いw



撮影していた感想としては桜の写真や最後の写真を見ればわかりますがあとボケは処理を

考えないと汚さが目立ってしまいます。

逆に1枚目の写真みたいに分かり辛いとは思いますが前ボケはきれいなイメージ。



あとは光量があるシーンではコントラスト、彩度共に非常に色乗りが良いです。

これはデジタルだけでなくフイルムで撮影しても同じ感想でした。

柔らかな写りも相重なってとても印象が良いレンズです。

風景・・・と言うより街角スナップ向きかな・・?

このレンズもバブルってる(!?)感じで点光源ボケがバブル状にでてとても面白いデスw

木を煽って撮った写真はF8で撮影してますが(ブレてる!)F2.8以降はピント面もかっちりして

いい感じです。感覚的にはF4~以降の写りがとても良好に感じました。



デジタル機にもフイルム機にもとても相性のいい1本だと思います。







☆レンズの入手について☆

気のせいかもしれませんが都内の中古カメラ屋さんではそんなに見ない感じ。

逆にヤフオクなどではよく見るようなイメージです。

価格も結構お手頃で、私自身は某カメラ屋さんで6000円にて購入。

オークションでも10000円以下で充分入手可能です。

マウントはL39とキエフがありますので購入時は間違えぬよう注意!(゚∀゚)







実はLマウントに手を出して一番最初に購入したのがJupiter-8でした。

買った理由は簡単で愛らしい見た目とソ連レンズと言うところw

その後手に入ったLマウントカメラたちの標準レンズとなって今も活躍中ですw

しかし私の個体はヘリコイドグリスが抜けてしまいヘリコイドがスカスカなんです・・・

塗り直したいんですけどいまいち分解意欲が沸かなくてそのまま使用中w

でもいいレンズです。

見た目も写りも好きです。

ヘリコイドアダプター買って更に活躍させようか悩み中・・・・





オールドレンズ沼への導きシリーズ、MINOLTAオールドレンズの復活シリーズ双方とも作例の撮影場所が毎回同じでそろそろ怒られそうwww

(誰に?)

次こそは違う場所、違う被写体を撮りたい!!



と誓うふぁんとむでした。

ヾ(゚ω゚)ノ゛












MINOLTAオールドレンズの復活

MINOLTAオールドレンズの復活Vol.5「MINOLTA ROKKOR-TC 135mm F4」

さて久々の「MINOLTAオールドレンズの復活」シリーズ記事です(゚∀゚)

今回は

「MINOLTA ROKKOR-TC 135mm F4」

をお届けいたします!

DSC08312


DSC08316


DSC08320


今回はMINOLTAがいっちばん最初に出した一眼レフ用135mmレンズをお届けします。

さて、このレンズですがフード込だとなかなかの長さになります。

しかしながら結構軽く出来ており、巷では某社たちにあやかって

「マウンテンロッコール」

などと呼ばれていたりしていますw

MINOLTAの初代一眼レフSRシリーズレンズといえば自動絞りが採用されたりマルチコーティング

だったりが売りの1つだったのだけれどこのレンズはマルチコーティングじゃないし

絞りもプリセット。その代わり軽くて安い!

今の時代にも求められる要素を抑えたレンズだったといえます。

このレンズが販売された背景には以下の要素があったとのこと。


一眼レフブームが熾烈化するに伴い、またファンの要望が広角から望遠に移行するにつれ、更にはミノルタSRの性能が一般的に高く認識されるに従い、他の交換レンズ専門メーカーでもSR専用交換レンズを廉価に販売し始めた。



~中略~



いざ購入するとなると値段に躊躇するもので、廉価な方をと決定を迫られる。比較的に安いレンズが良く売れるのは自然である。このような理由から当社でも100ミリ及び135ミリF4の望遠レンズをSR愛好者の要望に答えて、広角35ミリと共にF4シリーズとして販売した。

By T.Sahara

引用 - 写真工業 昭和35年 6月号 22ページ



ここでの廉価な望遠レンズとは三協光機(コムラー)やサン光機(SUN)などですかね?

コムラーのプリセット式135mmなんかはジャンクショップなどで見かけますね!

当時はかなりの数のレンズメーカーがありましたから大変だったのでしょうね・・・


さて、レンズ販売の背景はここまでとしてレンズ本体についてですがこのレンズの構成は

「TC」

ミノルタオールドレンズで忘れてはいけないのがレンズ名の2文字のアルファベット。

おさらいすると

レンズ群数を表す最初の文字

T=3 Q=4 P=5 H=6 S=7 O=8 N=9

レンズ枚数を表す最後の文字

C=3 D=4 E=5 F=6 G=7 H=8 I=9 J=10 K=11 L=12

これらによってミノルタレンズのレンズ構成がわかるようになっています。

つまり前回の記事にでた「MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8」だと

PFなので5群6枚の構成であるとわかります。

今回のレンズ「MINOLTA ROKKOR-TC 135mm F4」はTC。

つまり3群3枚。そう、トリプレットレンズなのです。

トリプレットレンズはまぁ大雑把に言うとTessarやHeliarの母みたいな構成で、これが大元・・みたいな感じ。う~ん違う気がするが・・まぁ良いかw


このレンズ構成採用の経緯は以下の通り。




あえてトリプルを採用したことは一つの欠点を除けば、明るさをF4とすることによって収差上の欠点を充分補い得るものだからである。そのただ一つの欠点というのは非点隔差が画面周辺に於いて僅か存在することである。

By T.Sahara

引用 - 写真工業 昭和35年 6月号 23ページ




トリプレット採用の主な理由は中央がシャープであること、レンズ枚数を抑え安価に作れるということだと思う。まぁ上で書かれている通りトリプレットの欠点は中央以外が綺麗に映らないということで周辺部が流れたような絵になるということだろうと。

トリプレットレンズで有名なところだとMeyer-Optik Domiplan 50mm F2.8なんかがありますがその昔は「駄メイヤーのゴミプラン」なんて言われてました。

これはあまりにひどすぎる・・・



総括すると

「中央シャープな安価で軽い望遠レンズ」

を出すため作られたレンズと言うわけですね。







まぁまぁうちのブログは前置きが長い長いwwwww

さて本題の写りを見ましょう!



DSC05034





DSC05058



※トリミングあり



DSC08331





DSC08448





DSC08348





DSC08382





DSC08499





っというわけでこのレンズを使ってみた感想としては光量のある場所での撮影はぐぐ~んとコントラスト彩度が乗って且つ中央が極めてシャープに写る!逆光や光量が無いところの撮影はムリ。使うな!

という感じww



花や紅葉の写真の中央はキレッキレで正直「トリプレットすげぇ・・・」と思いました。

今回なるべく背景が汚くならない物を選んで撮ってたというのもありますが桜とメジロの写真の背景はボケの粗さというか汚さが見えますね。

ただトリプレットレンズということもあって昨今話題になっていた

「バブルボケ」を手軽に楽しめそうな感じはします。

点光源ボケがたくさん出るボケをバブルボケと言っていて代表的なレンズが

Meyer-Optik Trioplan 100mm F2.8」ですね。

トリプレットの欠点を最大の武器としたレンズです。もちろん出た当時はそんなこと無くて10年ぐらい前までは1~2万円で売ってましたが今は8~10万は軽くします。

まぁトリオプランはともかくこのレンズ、とてもいい写りだと改めて認識しました。

MINOLTA SR-T SUPERで使ってたときはそんな感想は無かったんですがα7との相性は抜群です。

α7Ⅱ以降だと手ぶれ補正があるのでもっと相性が良いのかも(・ε・)







☆レンズの入手について☆

このレンズですが比較的良くジャンク屋などで見ます。

程度はピンきりですがすごく安価に入手可能です。

値段は500円~3000円ぐらいかな?







135mmレンズと言うのは他社でもたくさん出ていたレンズの1つで

当時のメーカーの熾烈さが現在のジャンク屋さんやカメラ屋さんを見るとわかります。

MINOLTAにしてもF4とF3.5とF2.8あります。

他社で言うとコムラーの135mmはベストセラーレンズと言ってもいいぐらい

在庫を見ますから純正メーカーも差別化で大変だったろうと思います。



ROKKOR-TC 135mm F4は他社にない軽さと安さで勝負にでたレンズですが写りも妥協が無くよく出来たレンズだと思います。それに自動絞りにしなかったことで絞り羽も12枚と豪華に使ってます。



MINOLTAオールドレンズの復活シリーズは第1回目からAUTO、または無名の最初期SRレンズからスタートしていっています。この時代の妥協なきレンズ群から時代を経てMC、MDレンズになり、今後このシリーズもMC、MDレンズ群を見ていくわけですが更に楽しみになりますw





さて今回はこのへんで!ヾ(゚ω゚)ノ゛





該当の記事は見つかりませんでした。