FC2ブログ

PHANTOM ROOM

SONY FE 35mm F1.8 (SEL35F18F)のレビュー的な。


SEL35F18F_TOP

ついにでた!皆の求めていた35mm!


長らくの間、フルサイズEマウントユーザーはこと35mmという焦点距離のレンズに悩み続けていた・・・
「SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)」はコンパクトでボディキャップ代わりに使えるが寄れず、
「SONY Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA(SEL35F14Z)」は明るく美しいボケが魅力的だが高く、
「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」は素晴らしいシャープネスとコストパフォーマンスだが大きく重く、
どれも悩ませてくれるレンズで一長一短。そこにコスパ最強のサムヤンレンズ群やMFの楽しみを存分に味あわせてくれるVoigtlander、はたまた純正にも、他メーカーにも無いF1.2を新たに出してきた新生SIGMA・・・

Eマウントのレンズ選びはいつも、いつも悩んでしまう。

そんな中、やっとの思いでSONYが答えを出したのが新たなる35mmレンズ「SONY FE 35mm F1.8 (SEL35F18F)」でした。

SEL35F18F1



レンズに関して

最初、このレンズの話を聞いたのは今年の初めごろ。
ある伝からこのレンズの話を聞いたときに色々考えました。というのも既にZEISSレンズが2本出ている現状で、どのぐらいの値段で出るのか・・・
35mm F1.4は19万円。35mm F2.8は8万円。
もしこの間の穴埋めなら・・・・・・10万超え!?いやいや!そんなには出せない!!
杞憂で終わりましたw最初に出た価格は87,000円+税で実勢価格は税込み74,000円ほど。比べると35mm F2.8よりは安い感じですね。



レンズはZEISSでもGでもGMでもなく、所謂、無印レンズに分類されます。SONY無印レンズはSONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)を始めとしてコスパに優れたいいレンズが出ています!(SEL50F18Fから目をそむけながら)

レンズスペック自体は
・9群11枚
・開放絞り F1.8
・最小絞り F22
・絞り羽根 9枚
・最短撮影距離 0.22m
・最大撮影倍率 0.24倍
・フィルター径 55mm
・重量 280g
・AF/MF切り替えスイッチ
・フォーカスホールドボタン

ざっとこんな感じですかね。ポイントとしては最短撮影距離が0.22mで最大撮影倍率が0.24倍というところ。
SEL35F28Zが最短撮影距離0.35mで最大撮影倍率0.12倍
SEL35F14Zが最短撮影距離0.30mで最大撮影倍率0.18倍
比べてみると他の純正35mmレンズに比べてかなり寄れるのがわかります。同じ無印レンズのSONY FE 28mm F2がAF時ですが最短撮影距離0.29mで距離自体は似てますが、28mmという画角のため最大撮影倍率0.13倍と思ったほど大きく写りません。この辺を考慮しても「寄れて明るいコンパクトな35mmレンズ!」と言えるでしょうね(*´∀`)

SEL35F18F2

SEL35F18F3



SONY FE 35mm F1.8 (SEL35F18F)で撮影した写真

今回、レンズ入手後、しばらくお休みだったため色々撮影できました(゚∀゚)
使用カメラはα7RⅢになります!



SEL35F18F02

SEL35F18F03

SEL35F18F04

SEL35F18F05

SEL35F18F06

SEL35F18F07

SEL35F18F08

SEL35F18F09

SEL35F18F10

SEL35F18F11

SEL35F18F12

SEL35F18F13

SEL35F18F14

SEL35F18F15

SEL35F18F16

SEL35F18F17

SEL35F18F18



絞り変化による違い

SEL35F18F_F1.8
絞り F1.8

SEL35F18F_F2.8
絞り F2.8

SEL35F18F_F4.0
絞り F4.0

SEL35F18F_F8.0
絞り F8.0

SEL35F18F_F13
絞り F13

SEL35F18F_F22
絞り F22



レンズの使用感等

α7の発売以来、ずっと求めていた35mmレンズがやぁ~っとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
っというのが感想。ほんと待ってました!

使用感としては、まずコンパクトで軽量なので取り回しがよく、付けっぱなしでも苦になりませんね。この辺はSEL35F28Zの方が優れていますが、解像感やボケなどは圧倒的にこちらが上です。
まず、発売前にSONYストアで触ったときから思っていたのがシャープネス。開放F1.8で既に中央部はかなりのシャープネスを誇っていて驚きました。無印レンズでありながらここまでシャープなのか・・・と・・・
さらにボケも美しく、癖もなく、非球面レンズによる年輪ボケ(オニオンリング)もなく素晴らしいです。
その反面、口径食は出やすく、更にいくら頑張って絞っても周辺減光が改善しないのはウィークポイントかもしれません。私個人としては周辺減光大好きマンなのでこれはストロングポイントになるのですが・・・w
あと発売前に言われていた色収差ですが、噂の通り場面によってはパープル&グリーンのフリンジが大きく発生します。ですが目立つ場面は少ないかな・・と。これも思っていたほどではない感じです。
逆光耐性は並・・かなぁ・・と思います。強い光源が中央にある場合はフレアやゴーストも気になりませんが、四隅にあるとゴーストが発生します。

AFに関しては大変高速で、且つ静か。動画での使用でも問題なくイケるでしょう。最短撮影距離が短く、近くのものを大きく写せます。その際にAFの遅いレンズだと無限遠から手前にピントを一気に合わせると「ジトォ~」っとゆっくりまったりピント合わせをするのでストレスになりますが、このレンズはその辺の心配はないと思います。スッ・・っと合います。
またFHB(フォーカスホールドボタン)やAF/MF切り替えスイッチが付いているので状況によってはボタン割当や切り替えスイッチを使用してAFを制御するのもあり(^O^)

まとまらないまとめ

とりあえず言いたいことは・・・・

APS-Cユーザーもフルサイズユーザーもとりあえず買っとけ!!!!!


私としてはかなり!かなりおすすめのレンズです!
開放でもパキッとしたシャープネスに柔らかなボケ、テーブルフォトも熟せる近接撮影能力、とにかく便利で撮影するのが楽しくなるいいレンズです!
なんかSONYさん、GMレンズを出し始めたあとからレンズのクオリティがGやGMや無印問わず上がってる気がします。FE 85mm F1.8もそうですが、お手頃価格で性能の良いレンズ、ユーザーにとってはありがたい話です。
特に最近、SONY FE 24mm F1.4 GM(SEL24F14GM)やSONY FE 135mm F1.8 GM(SEL135F18GM)など物凄く写りは良いけど物凄く高いレンズが出ていたので、ここでお手頃レンズが出てきてホッと一安心w
それでも7万円しますから、なかなか悩む値段だとは思います。でも買っておいて損はないと思います。改めて言いますがそれぐらいおすすめレンズです。
今のEマウントレンズはリセールバリューも良いので、合わなければ売っちゃえば良いのですw

ちなみに先々月、SONY FE 28mm F2を購入いたしまして、めでたくSONYフルサイズ用無印レンズをコンプリートいたしましたww
無印レンズ28mm 35mm 50mm 85mmの4本である程度のものは撮れるので、α7Ⅲを買って無印レンズで揃えて撮影に行くのもすごく楽しそうですね(*´Д`)



う~ん本当は85mmの再レビューとSEL135F18GMを買ったのでそのレビュー、あとオールドレンズ3本のレビュー記事を書きたかったのですが、もう本当にモチベーションが上がらなくて。
仕事ですべてのやる気を削がれてる感がやばい。困ったものだ・・・
次回は・・・大枚叩いて買ったSONY FE 135mm F1.8 GM(SEL135F18GM)をレビューしたいなぁと思ってますw
今回も長々と御託を並べてしまいました・・最後までお付き合い頂きありがとうございました。
そんな訳でとりあえず今回はこの辺で!(*´∀`)

テスト的な記事(゚∀゚)

悩む悩むブログの写真問題・・・


大変久方ぶりの投稿になりますが、テストなのでさっぱり。

今年の2月、Flickrが少し改変いたしまして、写真投稿に関する枚数・容量が厳しくなりました。
実は昨年からこの話が出ており、その頃から色々悩みながらどうするか考えていました。当ブログの写真はすべてFlickrを経由してアップしており、またオールドレンズや現行のEマウントレンズの性能や描写を写真を通じて見てもらえるようにFlickr側にはオリジナル写真でアップしていました。
つまるところ、ご紹介してきたオールドレンズをα7やα7RⅢで撮影に使うとこんな感じの描写だよ!っていうのをオリジナルで見ていただけていたわけです。

これは自分が「オールドレンズや新機材、気になるカメラ・レンズのオリジナルデータを見たい!」と日頃思っているので、見て頂く側になったらオリジナルデータを載せよう!という思いからこうしてきました。
しかしながら簡単にアップでき、貼付けできるFlickrの改変により、叶わなくなりました。

いや、現実的にはお金さえ出せれば選択肢もあるんですが・・・(;´Д`)

なので、ブログの写真をFlickrからGoogleフォトに移行しようかと思い、テスト投稿と相成りました。
今回はアイキャッチ画像もなし!テストなので・・・(手抜き)



うまく写真は表示されてるんでしょうかね・・?
というかこれすごく手間がかかる・・・困ったものだ(;´Д`)


[2019/09/11追記]
テストでもう一枚・・・
SEL35F18F
これでも写真は貼れるか・・・う~む・・・どうしよう・・・
困ったものだ・・・・・

SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)のレビュー的な?

SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)レビュー!


さて、久々の更新はSONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSのレビューからスタートしたいと思います!

Eマウントにおける望遠レンズの選択肢の少なさは相変わらずの状況ですが、改善傾向にはあるのかなぁと思います。
現在だとネイティブのEマウントレンズの他に、SIGMAのMC-11を使用してSIGMA製レンズ(Canon製)がAFで使用可能なので、選択肢の幅が広がっています。
しかしながらどのカメラ、レンズの組み合わせでもそうなのですが、Eマウントネイティブレンズに敵う組み合わせというのは無いと思うのです!
そこで、今回は数少ないEマウント望遠レンズの中で焦点距離と価格のバランスが取れている本レンズのレビューを簡単にしたいと思います(^^)
DSC09716


レンズに関して

SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)のスペックについておさらい(゚∀゚)

焦点距離 70mm~300mm
レンズ構成 13群16枚
開放絞り F4.5
最小絞り F29
絞り羽根 9枚
絞り形状 円形絞り
最短撮影距離 0.9m
最短撮影倍率 0.31倍
フィルター経 72
手ぶれ補正 OSS搭載(レンズ内手ぶれ補正)
重さ 854g
価格(ソニーストア価格) 税込み 167,000円






望遠レンズとしては平々凡々なスペックで、Aマウントユーザーの方には馴染みがあるSONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM II(SAL70300G2)やSONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM(SAL70300G)と同じスペック、同じGレンズですね。
SAL70300Gとは違い、SEL70300Gはレンズ鏡胴がシボ加工されており、ガタツキもなく、ビルドクオリティは高め。
スイッチ類は「AF・MF切り替え」「フォーカスリミッタースイッチ」「OSS ON・OFFスイッチ」「FHB」の4つ。
サイズ的にはEマウントのSEL70300Gの方が大きいです。Aマウント時代のSAL70300Gもそこそこ大きいなぁ・・ってか太いなぁと思っていたのですが、まさかEマウントの方が大きく、重いとは・・ww
最短撮影距離がSEL70300Gの方が短く、倍率も0.31倍とテレマクロ的な撮影が可能となっています。
望遠レンズにとって重要なAF速度についてはリニアモーター採用で、かなり早く、飛んでいる鳥や航空機など容易に捉えられます。ただこの辺はボディ性能も関係があるので参考までに・・・(;´∀`)
フォーカスリングは適度なトルク感があり、滑らかに回ります。ズームリングにも適度なトルク感があり回しやすいのですが、下に向けると自重で落下します。なのでこのレンズにはズームリングロックが付いており、このロックを掛けておくと落下しなくなります。テレ側いっぱいまでズームした際のバランスは若干前方方向にシフトするのでこの辺はインナーズームだと良いなぁと感じますね。
お値段に関しては賛否両論(賛3対否7ぐらい?w)で、このレンジのレンズとしてはお高め。さらに言えばこのレンズ以上の焦点距離となると純正ではSEL100400GMとSEL400F28GMしか無いので選択肢がこれしか無いのが痛いところ・・・
ちなみに残念ながらテレコンバーター(SEL14TC、SEL20TC)は取り付け不可です(;・∀・)

DSC09711

DSC09714



SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)を使用した写真

今回はα7RⅢでの写真になります。
(一部リサイズ済み写真あり)
DSC06670

DSC06900

DSC06802

DSC08867

DSC02736

DSC06303

DSC06919

DSC08038

DSC08672

DSC09297

DSC08873

DSC00422

DSC09054

DSC00711

DSC01440

DSC05611

DSC05676

DSC07631_02

DSC02235

DSC04310

DSC04046_01

DSC03360



レンズの使用感等の雑感

SEL70300Gを最初使ったときは、中央の解像度の高いレンズだなぁと感じました。特に望遠レンズ使用時などに気になる倍率色収差や軸上色収差も見受けられず、またナノARコーティングのおかげなのか逆光でもコントラスト低下・ゴースト、フレアもなく大変優秀なレンズという印象ですね。
開放からよく写ってくれるレンズで、そのレスポンスと相まって持ち出す機会が多かったですw
あと、SAL70300Gはボケが若干固めだったイメージが有るのですが、SEL70300Gはそんなこともなく、このクラスとしては優秀なボケ味です。
OSSの効きはα7RⅢのボディ内手ぶれ補正と相まってかなりよく、低速シャッター時でも打率は上々。

ただ、AFに関して若干気になった事が・・ボディ側の問題もあるかもしれないのでなんとも言えませんが、航空祭などで航空機をAF-Cで撮影する際、最初の2~3コマはピントが有ってるんですが中間の4~7枚がピント外れ、8~10枚目がまたピントが戻るという現象に多々あいました。
これはボディ側のAFリフレッシュ速度の問題もあるのだとは思いますが、結構気になりました。α9だとイメージ違ったのかなぁ・・・
あと、遠景の描写力についてはもう一歩・・という気がします。若干緩めの描写。そこはこのクラスとして許容できるか否かは人それぞれだと思います。

まぁ全体として良く纏まってるいいレンズだと思います。海外のレビューではその値段と、周辺部の甘めの画質と言う理由で叩かれることも少なくない本レンズですが、そこまで言うレベルではない気がしますw


レンズ選びのススメ

さて、Eマウント望遠レンズは選択肢が少ないと最初に書きました。
そこで割とよく聞くのが「SEL70200GとSEL70300Gどっちが良いの!?」という物。
なのでここで他のレンズも含めた「ふぁんとむ的Eマウント望遠系レンズ購入のススメ」を書きます!(*´ω`*)

☆望遠レンズは欲しいけどそんな遠くは撮らない!
→SONY FE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)

☆子供の運動会とかイベントぐらいしか使わない!!
→SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)を購入

☆鳥とか飛行機とかも撮りたい!
→SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(SEL100400GM)

☆ポートレートとかでも望遠使いたいし、もしかしたら鳥や航空機も撮るかも・・!?
→SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS(SEL70200GM) & 2x Teleconverter(SEL20TC)

☆鳥とか飛行機とか撮りたいけど重いレンズを気軽には持ち出せない・・・
→SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(SEL100400GM) & SONY FE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)

☆予算なんて気にしない!航空機も鳥もポートレートも結婚式も撮りたい!!
→SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(SEL100400GM) & SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS(SEL70200GM)

☆望遠ポートレート。更に室内競技撮影。航空機のコックピットもぶち抜く!これを兼ねる。金に糸目は付けん!
→SONY FE 400mm F2.8 GM OSS(SEL400F28GM) & 2x Teleconverter(SEL20TC)

っと以上になります!まぁ・・わかりきっていたような・・w
写りの部分では正直甲乙付けがたいのですが、SONY FE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)の方が一枚上手な気がします。
なので写り優先で購入を検討する場合はSEL70200Gを選んだほうが良いかと。
いずれSEL70200Gのレビューもしますが、このレンズはSEL70300Gと比べてもかなり寄れないのでその点は注意・・・
ただ、SEL70300Gは70200のレンジを持ちつつ、100mmテレ側に長いのでマルチに対応できるわけですからそういう意味でコスパは良いのかもしれません。

予算が許せばSEL70200GMを購入し、望遠側が必要な場合は2倍テレコンSEL20TCを買って対応する・・・という手も!この場合、新品だと軽く30万円オーバーですが・・・(;・∀・)
画質面で妥協したくない場合、選択肢はSEL100400GMになります。しかし、このレンズも1.4Kgとなかなか重いので持ち出すのも一苦労・・その場合予算が許せばSEL70200Gも購入し、望遠を必要としない場合はSEL70200G、望遠が必要な場合はSEL100400GMと使い分けができるかなと思います。
いやいや、ポトレや結婚式の撮影も、航空機や野鳥撮影も画質に妥協したくない!って場合は総額60万円オーバーのSEL100400GM+SEL70200GMという組み合わせを行くのが乙ですww
最後はネタ枠ですよ?150万円オーバーですから・・w


まとまらないまとめ

SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)ですが簡潔に言うと、オススメレンズです。
まぁ選択肢が無いというのもありますが、動くものを追いかけつつ連写するという撮影をするならMC-11は除外されるので一択です。
ですが、それを抜きにしても良くできたレンズですし、α7シリーズとの組み合わせはバランス的にも○です。α6000シリーズでは若干、フロントヘビーになりますが、気になる場合は社外製縦位置グリップを使用するなど対策はできます。
惜しむらくは三脚座が無いのでテレ側でスローシャッターを切る際の安定性が微妙かもしれないですね・・・社外製で三脚座あることはあるのですが・・

今回、このレンズを記事にした理由ですが、1個前の記事で書いた通り、売ってしまったから・・なのですw
2017年の暮れにα7RⅢを購入した際に、α6000などを売却して代わりにSONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)を購入しました。それから1年間、鳥や昆虫、花や自衛隊のイベント、航空機などを撮ってきたのですが、結局の所もっと望遠側が欲しいという欲求とAFスピード、画質という面でSEL100400GMを導入したほうが良いという結論に至りました。なのでSEL70300Gを売却しSEL100400GMとSEL14TCを購入、更に気軽に持ち出す望遠レンズとしてSEL70200Gを導入いたしました。
現在、SEL100400GMをガッツリ使い込み中ですが、結論としては買い替えて正解でした。
SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)が悪いわけではなく、私の撮影スタイルだとこっちのほうが合ってるという感じです。
なので今度はSEL70200GとSEL100400GMの記事も出せたらなぁと思っています。

もう一度書いておきましょう。
SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)はオススメです(*´ω`*)

今回も長々と御託を並べてしまいました・・最後までお付き合い頂きありがとうございました。
そんな訳でとりあえず今回はこの辺で!(*´∀`)

DSC02201


【悲報】記事が滞ってます・・

書きたいことはあるけど、時間とやる気が出ない悲しみ

最近、仕事がすごく忙しく、仕事自体も本当に辞めたいんだけどなかなか簡単に行かず・・・と私生活が荒れ気味な私です(@_@;)
ブログの放置広告解消のための記事みたいな今回ですw

今後の記事

これから出す記事としては、相も変わらずオールドレンズは大量に仕入れてるのでネタ自体はたくさんあります。が、最近はオールドレンズよりもEマウントレンズ群を使うことが多いのでなかなか・・
ってことで、次回はSONY FE 85mm F1.8の再レビューと去年12月に購入したSONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSの記事を書いてからオールドレンズシリーズに戻りたいなぁと思ってます。

ふと出たSONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSですが、記事化の理由は簡単で、もうすぐ売るから・・w
1年間、このレンズでかなりの枚数撮影してきましたが、良いところ、もうちょっとなところ、その辺を記事にして、購入を悩んでる人へのアシストになればなぁと思います。

DSC03360

まとめ

ネタはあるのに時間がない・・悲しみ・・
お金があれば仕事を辞めて、レンズ・カメラに囲まれて、様々な場所に行って山程写真を撮って、くだらない記事をブログに書く生活がしたいものですw
まぁとにかく今年中に85mmと70300の記事は・・・書きたい・・・なぁ・・・
٩(๑´0`๑)۶