PHANTOM ROOM

α7、α6000を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
MINOLTAオールドレンズの復活

MINOLTAオールドレンズの復活Vol.9「CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 C」

数少ない、MINOLTAのLマウントレンズ「CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 C」

今回のレンズはMINOLTAの前、千代田光学精工株式会社が出していたレンズ、CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 Cをお届けします。
SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08820

レンズに関して

ミノルタがまだ千代田光学精工だった1948年から10年間ほど販売していたカメラ、「MINOLTA35」の標準レンズとして販売されていたのが今回のレンズで、元々は我々ミノルタンの中でも人気の高い「CHIYOKO SUPER ROKKOR 45mm F2.8」、通称「梅鉢」がMINOLTA35にセットとして売られていたレンズでした。おそらく梅鉢についてはいずれこの企画で紹介はしますが、このレンズは今日の標準フォーマットである、「ライカ判(24mm×36mm)」ではなく、「ニホン判(24mm×32mm)」に合わせて作られたレンズで、このレンズを基本設計はそのまま改良し、ライカ判に合わせたのがCHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 Cです。

バルナック型ライカをかなり強く意識した所謂「コピーライカ」のレンズ達は、大元のライカレンズを含めてその機構の仕様から最短撮影距離が長いものが多く、SUPER ROKKOR 5cm F2.8も例外ではなく3.3ft(約1m)と、昨今の50mmレンズと比べると長いです。
レンズ構成は3群5枚。ミノルタ的表記だとROKKOR-TEと言った感じでしょうか?w
他のライカレンズを意識してか美しいクローム鏡胴で重さもあり高級感はあります(・∀・)
SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08821

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08822

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08828

CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 Cを使用した写真

毎度恒例、駄作写真のコーナーです(゚∀゚)
ちなみに今回からSONY α7RⅢでの撮影となります。
SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07653

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07695

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07726

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07795

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07761

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07826

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08708

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08739

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08762

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08912






使用してみて・・・

まだ記事にしていませんが、上で書いた所謂「梅鉢(CHIYOKO SUPER ROKKOR 45mm F2.8)」から周辺減光を若干取り除いたような・・そんな感じのレンズで、逆光・半逆光では全体的にフレア、ゴーストが出ますが、順光での色乗りはとても良く、この頃からMINOLTAはMINOLTAだったんだと感じましたww
ボケに関しては、後のMINOLTAレンズにも見られる、じわぁ~っとした滲むような感じと非点収差が織り交ざったボケ味です。また、口径食もかなり強く出ており、円形のボケを保っていられるのは中央付近のみで、四隅に行くに従い強く出ています。
ただ、ピント面は割りとシャープな場面もあり、標準レンズとしては安定した画作りで一人前なレンズの感じがしますね。
梅鉢共々このレンズは私好み(*´д`*)

レンズの入手に関して

SUPER ROKKORネームのレンズの一番人気は文句なく梅鉢であり、このレンズの人気はさほどではありません。
故に頭数は梅鉢ほどではないのですが、梅鉢に比べて安いというのがこのレンズ。
オークション相場は12000円ほどで、中古カメラ屋での価格も安いもので12000円、高いものでも25000円程度だと思います。

総括

MINOLTAのライカレンズ、SUPER ROKKORですが、実はかなり種類があるようで、私が見たことがあるもので35mmF3.5、45mmF2.8、50mmF2、50mmF1.8、85mmF2.8、110mmF5.6、135mmF4とありこの他にも多々あるようですが、MINOLTA35自体はそこそこ売れたカメラではあるのですが、如何せんレンズの方はほとんど売れなかったようで、見つけるのに大変苦労します(;・∀・)
販売数が少ないがゆえに、他の日本メーカーのLマウントレンズより高額な場合もありなかなかMINOLTAフェチな私としては悩みどころ・・・
さらにLマウントといえばMINOLTAのコンパクトフィルムカメラTC-1についていた28mm F3.5を2000本限定でLマウント化したG-ROKKOR 28mm F3.5がありますが、現在の市場価格は10万円前後と非常に高価です・・・・
今の私としては、同じ10万を出すなら中古でSONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを買いたい所。MINOLTAは変な所で人気というか希少というか・・ww

話は変わりますが、今回からSONY α7RⅢにTECHART LM-EA7のセットで撮影を行っています。
ずっと使いたかったAFアダプターのLM-EA7。このアダプターは本当に凄い!このアダプターのお陰で更に撮影が楽になり、楽しくなりました。じっくり撮りたい時はヘリコイドアダプターを使い、スナップや気軽に撮りたい時はLM-EA7を・・という使い分けで行こうかと思います。α7RⅢでの使用はAFの速度、精度、共に上々で非常に満足していますが、更にレンズ沼に使ったような気がしてならない・・・(;・∀・)
今後、大型レンズ以外の記事に関してはLM-EA7を使っていきますので、そのうちLM-EA7の使用感レビューも記事できたらと考えています。よろしくお願いいたします!

それではまた次回の記事で!
ヾ(゚ω゚)ノ゛

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC09009

機材

α7RⅢを買ってしまいました・・・~4年ぶりのメイン機材変更!~

お金無いのに我慢できないッ!

さぁ・・・今回も前置きがめちゃ長いですよ!www

α7を購入してからまる4年。
α7は本当に凄いカメラだ。脅威だ。感動だ。
当時、α77を使っていた私はEマウントボディに対してはあまりピンときて無くて、購入は見送っていました。NEX-5は中古で1万円以下で売ってた時に購入して持っては居ましたが、特にメインに据えるわけでも無く、お遊びカメラとして鎮座してました。

2013年10月16日、SONYがフルサイズミラーレス一眼「α7、α7R」を発表しました。
その衝撃は物凄かったです。本当に。その様相は第二次αショックとも言うべきものだったかもしれません。
私は有無を言わさず飛びつきました!α7に。お金もないのにα7レンズキットに縦位置グリップを買い、キャッシュバックでLA-EA4まで買いました。我慢できなかった・・・SONYが提案する次世代のカメラの姿に・・・・
DSC00927


メイン機材になったα7!

α77をサブ機に追いやり、メイン機となったα7。
α7を使うようになったら、写真を撮るのが楽しくて年々撮影枚数が増えてきましたw
小型ボディに2430万画素フルサイズセンサー。今までは持ち出すのも億劫だった場所にも積極的にカメラを持って出かけるようになり、私のカメラライフはガラッと変わりました。実際、この4年間で10万回以上シャッターを切っていて、そろそろ壊れそうで心配だったり・・ww
一昨年の年末からブログでも話した通り、メイン、サブ両機材をEマウントへ移行し始めた関係で、純正レンズも増え益々活躍してくれているわけです!(゚∀゚)
DSC0842


それとは裏腹に歯痒い思い・・・

さてさて、話は遡って2014年11月20日。SONYはα7を改良したα7Ⅱを発表しました。
この話を聞いた時、「えぇ!?」となりました・・・・と言うのもα7が出てからたった1年でⅡ型、しかも画素数こそ据え置きのものの、ボディ内手ブレ補正、像面位相差ポイントのアップ、操作性の向上等を盛り込んだものを出してきたのです。
正直「うわ~やられた・・・」と思いましたw
ちょうどこの時、出張で大阪に行く予定だったので居てもたっても居られず、出張先の大阪にあったSONYストア大阪で実機を見て帰った記憶がありますw
α7を買わなかったユーザーが一気にα7Ⅱに飛びつき、みんな買ってたのを見て何度羨ましいと思ったことか・・・( ;∀;)

さらに1年後の2015年6月26日。SONYはα7Rの後継となるα7RⅡを発表しました。
α7Rの3640万画素を軽く超える4240万画素という圧倒的な画素数に加え、像面位相差AFを備えた裏面照射型CMOSセンサー、AFポイントの強化等、最早なにがなんだかわからない圧倒的なカメラが出てきました。
圧倒的なのはスペックだけでなく値段も凄く、42万円!!買えない。絶対に買えない。ムリ。
この時ばかりは先行展示すら行きませんでした・・買えないもん・・・

ちなみにこの発表の1ヶ月前、SONY本社にて「αアンバサダーキックオフミーティング」があり、抽選で選ばれた私は直接、SONYの技術の方々とお話をする機会があり、その席で「そろそろα7RⅡなんてのも出るんじゃないですかぁ・・?」と話をしたのですがサラッとかわされてましたw
でも、こんなに高いカメラ。周りの人たちは買うんですよ・・・もはや羨ましくて血反吐吐きそうでした。

α7を購入してからの間、上に書いたα7Ⅱやα7RⅡだけでなく、α7S、α7SⅡの発表もあり、新しい機能が付いて、更に周りの人が買って使ってるのを見てると「いいなぁ・・・」という気持ちが爆発してしまいそうになる日々を過ごしてきました。
ただ、カメラだけに限らず、家電製品は日々進化した物が世に送り出されているので、これは仕方のないことだと思います。
そんな思いを抱えつつも、嘘偽り無く、「α7でいいじゃん」と思うことも何度か・・。
α7は充分なスペックを誇っていて、特段見劣りしないと言う所に尽きます。初代α7シリーズは手ブレ補正機構がない関係でボディが薄く、軽いというメリットも有り、「α7でしばらく行こう」そう思っていたのです。今までは。
P1740343


α9に行かなかった訳

去年の4月21日、SONYはぶっ飛んだミラーレス一眼を発表しました。
それまでミラーレスαにて使われて来なかった伝説の「9」の名をつけた「α9」
2420万画素CMSOセンサー。この部分だけ聞くと「ん?α7Ⅱと同じ??」となります。しかしながらこのα9はα7Ⅱ比、20倍もの読見出しスピードを誇る積層型CMOSセンサーExmor RSを搭載したモンスターミラーレス一眼。
AF/AE追随秒間20コマ、動体歪みを抑えた最高1/32000シャッター、ブラックアウトフリー撮影、画面カバー93%を誇る693点AFポイント、369万ドット有機ELEVFを誇るチョーハイスペックモンスターカメラ。
更にバッテリーが変更になり、従来の2.2倍の容量のNP-FZ100へ!
α9はまさに「フラッグシップ」に相応しいスペックです。しかしながらスペックも去ることながらまたまた値段も・・・α7RⅡを上回る50万円!!!!!
たけぇ!!高い・・・でも1DやD5を考えると・・そうでもないような・・(洗脳済み)
欲しいなぁとは思ったんですが、気になる点としては画素数。
値段はともかく、画素数が2420万画素と言うところに引っかかりました。多画素主義では無いんですが、今までα77、α7、α6000と2400万画素台を使ってきたので、そろそろもう少し上が欲しいなぁという所と、私にはオーバースペックと言うところで見送りに。
まぁ高いので買えないんですがねw ただ、バッテリーは魅力的だなぁ・・・と思ってました。
DSC06498


噂の機種ではなく、突然のR

ここ最近の噂は「そろそろα7Ⅲが出る」と言うものでした。
今までの流れだと確かにその通りです。そして私自身、「α7Ⅲが出たら・・買おう・・うん・・」とか思ってました。
ところがどっこい!10月25日に発表されたのは「α7RⅢ」でした。
α7RⅡから画素数据え置き。しかしながらそれ以外の部分の向上がかなり凄い。バッテリーはα9と同じNP-FZ100になり、背面にはマルチセレクター、液晶にはタッチパネル、AFは399点の像面位相差に425点コントラスト検出式、秒間10コマの連射がサイレント撮影でも可能、UHS-Ⅱ対応カードスロット1にUHS-Ⅰ対応カードスロット1のダブルスロット・・・上げたらキリがないほど変わりました。
つまるところ、α7RⅡの弱点をぶっ潰した最強のRが出たのです。
発表の数日後、SONYストア銀座に実機を見に行きました。目的は一緒に発表されたFE 24-105mm F4 G OSSを見に行ったのですが、置いてあったα7RⅢをまじまじと観察。
「う~ん・・まぁα7RⅡみたいなもんだな。うん」と自分の中で結論を出して後にしました。この時は。
DSC08627


α7RⅢを買ってしまいました・・・

α7RⅢ発売後、数々のレビューを見ていると、沸々と購入欲が湧いてきます。
「α7RⅡの弱点を全て潰した」「AFの食いつきがダンチ」「瞳AFはバケモン」等々・・・
「イカンイカン、惑わされてはダメだ!」
「α7はよく出来たカメラだ。まだまだ使える!」
「それにそろそろα7Ⅲが発表になる。Rより安いだろう・・うん、そうだ。」
悶々とした気持ちを抱えたまま半月あまりが経った頃、某店のジャンク館にNikon F4のボディが転がってると聞いたので、予備にもう一台買っておこうと思い、出かけました。
ちゃんと目的の物は買いました。ちゃんと。
でも目的の物より明らかにデカイ箱を持って帰ってきてしまいました。




たまたま予約キャンセルで在庫があったα7RⅢを買ってしまったのです。今でもなんで買っちゃったのかよくわかんないんですが、買っちゃいました。
「俺はα7Ⅲが出たら買う!」とか言ってたのに「ふぇぇ・・α7RⅢしゅごいぃ・・」っとなってしまったのです。


SONY脅威のα7RⅢ

買ってしまったものは仕方がありません。
α7共々使い倒してやろうと!ということでこの1ヶ月間使ってきました。
結論から言えば、買ってよかった・・と一言に尽きます。
α7から突然α7RⅢになったのでもう時代が違うんじゃないかと言うほどに性能が違くて驚きましたww

細かいレビューはまた追々するとして、α7RⅢのポイントとして
1.バッテリーの容量アップ
2.AFの精度の良さ
3.もっさり感の解消
4.サイレント撮影の使い勝手
5.手ブレ補正の恩恵
6.EVFの見やすさ
7.ダブルスロット
8.マルチセレクターの使い勝手の良さ
こんなところでしょうか?
今回一番うれしいのはバッテリーの変更ですね。今までの私のα7での御苑撮影のスタイルだと、午前中から午後まで歩き回って700枚ほどを撮影する間に、ヒドイ時は3個バッテリーを使っていました。
α7RⅢにしたらバッテリー1個が残り64%。これは凄い改善!!予備のバッテリーを1個買ってたんですが、未だに使ってないレベルです(;・∀・)
これだけでも買い換える価値があるなぁと感じました。
その他にも、念願のLM-EA7を使えるようになったので、手持ちのオールドレンズの9割はAFで使用可能になったりと、大変うれしいことばかりです。α7と比べると、やはり重みを感じますが、苦にはならないレベルなので一安心。
兎に角、α7RⅢ買っちゃったので気合い入れて使っていきます(・∀・)
DSC08627


これから。

4年間、メイン機として頑張ってくれたα7はサブ機へ交代。
今回からα7RⅢがメイン機となりました。めでたしめでたし!


ん?


1年ぐらい前に似た記事を書いたような・・・・
そうなのです、α6000が・・・いらない子に!!!!!!!!
α7RⅢを実際に使って感じたのは「AF速ッ!食いつきめっちゃ良い!!え?APS-Cモードでも1800万画素!?」と。
α6000・・・使うことがなくなってしまった・・・・ので・・
レンズに化けました(゜o゜;




SEL70300Gを買いました(゚∀゚)
このレンズ、良いですね。AFも早くて描写もSAL70300Gと近い。望遠レンズを購入したのであとは広角レンズを買えばEマウントへ完全移行出来ます。
しかし・・我が家のα6000は短命に終わってしまった・・申し訳なかったなぁ・・・

兎にも角にもこれからはα7RⅢを使った写真がメインとなりますので皆様よろしくお願いいたします!
長々とくだらない話にお付き合いいただきありがとうございました!

それではまた次回の記事で!ヾ(゚ω゚)ノ゛
DSC08631

ブログ情報

新年あけましておめでとうございます!

賀正

DSC08627

新年あけましておめでとうございます!
2017年は大変お世話になりました。本年、2018年度もどうかPHANTOM ROOMをよろしくお願いいたします。

昨年はほぼおーるどれんず達の紹介と言うかたちになりましたが、本年は記事の更新速度をもう少しだけアップし、機材や撮影地、写真等の記事が書けたら・・・と思っております。
昨年末、4年ぶりにメイン機材を変更いたしました。その辺のお話が本年の一発目の記事になるのかなぁと考えてますが・・どうだろうか・・あと、実は一昨年年末に買っておきながら記事にしていないFEレンズ(SEL90M28G)もあったりしますので、ネタはとりあえず山盛りいっぱいあります。
が・・ガンバッテ更新速度を上げます!(上がるとは言っていない)

それでは、改めまして本年も引き続きよろしくお願いいたします!

MINOLTAオールドレンズの復活

MINOLTAオールドレンズの復活Vol.8「MC TELE ROKKOR-QE 100mm F3.5」

コンパクトな望遠レンズ「MC TELE ROKKOR-QE 100mm F3.5」

MINOLTAが出していたコンパクトな望遠単焦点レンズ「MC TELE ROKKOR-QE 100mm F3.5」をお届けいたします。
DSC00023


レンズに関して

4郡5枚構成のコンパクトな100mmの望遠レンズで、最初はMC化前のAUTO時代(1959年)にリリースされました。
時代的にはROKKOR-TC 100mm F4と同じ時期にリリースされたものになりますが、こちらのほうが若干短く重いです。
当時のMINOLTAの戦略はわかりませんが、100mm F4が安価な分こちらは高めだったのでしょうか・・・?似ているスペックのレンズでしかもリリースされた時期が近いとなるとそれぐらいしか思いつきませんww
今回のMC TELE ROKKOR-QE 100mm F3.5はAUTOからMC化され1966年に発売されました。しかしながら1970年台のレンズカタログを見ると100mmのレンズはMACROとF2.5の明るい方の100mmしか無いので短命に終わったのかもしれませんね。
スペックは上記にも書いたとおり4郡5枚構成で8枚絞り、最短撮影距離は1.2m。
DSC00025

DSC00027

MC TELE ROKKOR-QE 100mm F3.5を使用した写真

ではでは写真を…
DSC06085

DSC06094

DSC06113

DSC06138

DSC06174

DSC06187

DSC06225

DSC06239


使用してみて…

手堅く写る望遠単焦点レンズ。そんなイメージがあります。
中央のキレはROKKOR-TC 100mm F4の方がありますが、全体的にとても良好な描写で、コントラスト・彩度もそこそこあり、とても良いレンズでした。100mmでありながらとても軽く、持ち運びもしやすいいいレンズです。
描写としては開放F3.5で十分で、絞ってもさほど解像感は変わらない感じがします。絞るときは写りより被写界深度的な意味合いが強いときに…という感じでしょうか。ROKKORレンズの望遠はハズレが無いですねぇ(*´Д`)

レンズの入手に関して

中古カメラ屋さんでもヤフオク等でもそんなに見かけるレンズでは無いんですが、かと言ってレア玉というわけでもなく、そこそこの値段で売られているという、そこそこなレンズw
ヤフオクではだいたい1000~4000円前後での取引が多いようです。中古ショップは今のところ販売しているお店がないのでなんともですが、流石に10000円以上出して買うようなレンズではないので、程度のいいもので精々6000~7000円が出せる限界だと思います。

総括

MINOLTAはなんか微妙に望遠レンズが多い気がするんですがなぜでしょうかね?ww
とはいえそれぞれがなかなかの描写性能を誇っているので甲乙付け難いというのが感想です(*´ェ`*)
でも今回のMC TELE ROKKOR-QE 100mm F3.5はコンパクトと言うところに惹かれますねぇ~。バッグに一本忍ばせるのに最適な大きさ。っと思うんですが現在の流通量を見ると売れなかったのかなぁ…
一応、上位互換の100mm F2が合ったので多少高くても皆さんそちらを買ったのかも!

っと今回はここまで!ヾ(゚ω゚)ノ゛
DSC00007-2