PHANTOM ROOM

α7を使い、オールドレンズ、撮影機材の紹介やレビュー記事の写真ブログ
MENU
機材

突然のCarl Zeiss Makro Planar T* 2/50レビュー!

手元に来た銘玉 Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50

今回は人気の高い銘玉 Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50をα7RⅢで使用したレビューを記事にしていこうと思います。
DSC09123_1

DSC09124_1

DSC09127_1


レンズに関して

Makro PlanarネームはCarl Zeissブランドのマクロレンズで、他に100mmが存在します。50mm、100mmともに銘玉として人気が高く、ラインナップから消えた現在も定価11万円のレンズが中古価格は8~9万円と安定して高め。それだけ人気のレンズ、と言えると思います。
そのクラシカルなデザインからも見て取れる高級感は重みにも直結しています。レンズ重量は510gとズッシリ来る感じ。初代α7がバッテリー&メモステ込みで474gなので重さがわかるかと・・おそらくフルサイズ一眼レフで使うと非常にマッチングの良いものと思いますが、ミラーレス一眼で使用するとなかなかのバランス感です。まぁ・・正直Eマウントで言うとPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAの方が遥かに重いのですが・・・ww

当レンズ最大の特徴はMakroの名が付いている通り、Planar T* 1.4/50とは違い、マクロ撮影が可能である点でありますが、ハーフマクロ。最短撮影距離は0.24mで最大撮影倍率は0.5倍。現在、各社から出ている純正orサードパーティ製マクロレンズは1:1の等倍撮影ができるマクロレンズがほとんどですが、MakroPlanarは半分のハーフ。しかしながら開放F2と明るく、感覚としては「寄れる50mmF1.4(F2.0)」みたいな感じですw
常日頃より、寄れるレンズは大正義と思っていますが、Carl Zeissの描写力で、ハーフまで寄れるってすごくお得な感じがしてならないんですが・・私だけ?σ(゚∀゚ ;)

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50での作例

主にα7RⅢでの写真が殆どです(*´∀`*)
DSC03606_1

DSC06833_1

DSC07022_1

DSC07271_1

DSC02879_1

DSC02821_1

DSC02778_1

DSC02702_1

DSC02577_1

DSC02489_1

DSC02354_1

DSC02378_1

DSC02052_1

DSC02039_1



レンズの使用感等の雑感

まず、α7RⅢの4240万画素で使用しても、開放から切れのある描写力、コントラストを堪能できるところに痺れます。
ボケはZEISSレンズの割に柔らかめですが、二線ボケの傾向もアリ。おそらく解像との兼ね合いでしょうね。口径食も開放では強めに出ていますが、F5.6ぐらいまで絞ると周辺まで万遍なく丸いボケになります。
逆光耐性はそんなに強くなく、フレアも盛大に出ますが、絵が破綻すること無く描写できるのはさすがとしか言いようがないですw
なにより空気感というか、被写体を浮き出させるような写りにうっとりしますね・・・色乗りもZEISSらしく非常に良いので、パッ!っと映える写真が撮れます。それにハーフとはいえマクロレンズなので、被写体と対峙した際に、「あ・・もう少し寄れれば・・・」という場面が少なく、ストレスフリーでの撮影が楽しめる至高のレンズ。通常のF2.8マクロレンズと違い、F2と明るく、更に寄れる。オールマイティな素晴らしいレンズなので、本当におすすめのレンズですね。(Eマウントで同じようなレンズ出ないかなぁ・・・)

さて、突然のCarl Zeiss Makro Planar T* 2/50の記事なのですが、実は去年の6月頃にかれこれ10年来のお付き合いがある大変お世話になっている方から、タダで譲って頂いたレンズでして・・その方はCanonユーザーだったのですが、購入当時、ZEタイプが売り切れで、仕方なくZFを購入、マウントアダプター経由で使用されていました。なので私のCarl Zeiss Makro Planar T* 2/50はZF。
現在、フイルムカメラで一番稼働している「Nikon F4s」用にもってこいで大変ありがたく頂戴いたしましたw
その方はMakro Planar T* 2/100もお持ちで、使っている姿を見て「MakroPlanar良いなぁ~」と思っていたので頂いた時は嬉しくて嬉しくて・・・ww
なのでNikonFマウントのアダプターを購入してすぐα7と使用してきました。その結果様々なNIKKORレンズに手をつけ、更にボディまで生やすハメになるとは・・()
ともかく、私がレビューのような雑記記事を書かなくとも、Makro Planar T* 2/50は大変素晴らしいレンズだということは皆さんご存知だと思いますwww

価格.comのレビューもすごい!



※今更ですが、α7Ⅱ以降のカメラでMFレンズ用マウントアダプターを使用した撮影の際は手ぶれ補正焦点距離を入力しておこう!
(私はC3ボタンに割り当ててます!)
DSC09136_1



Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50を手に入れてしまったため、正直SONY純正の「SONY FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)」を買う気が全く起きないw
マクロ撮影はSEL90M28GならAFでも全然大丈夫ですが、SEL50M28だと正直MFの方が早い気がします。となるとMFならMakro Planar T* 2/50でいいじゃん!となるわけで・・・SONYさん!ごめんなさい!w


そんな訳でとりあえず今回はこの辺で!ヾ(゚ω゚)ノ゛

機材

今更ながらのSONY FE 50mm F1.8 (SEL50F18F)レビュー

買ってから1年半!?SONY FE 50mm F1.8レビュー!

はい(はいじゃないが)
っというわけで大変今更ながらのSONY FE 50mm F1.8のレビュー風な記事を書いていこうと思いますw

α7を購入後、3年ほど純正レンズは「SONY FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)」1本で過ごしてきており、ズームレンズを使用しない撮影ではもっぱらオールドレンズで撮影を楽しんでおりました。
ところが2016年の夏から冬にかけて、Panasonic LUMIX GM1を手に入れたことから発する、「デジタル機材の小型化」計画が発動し、その第一弾としてFE 50mm F1.8を購入するに至りました。
このレンズを購入してから一気にメイン機材、サブ機材の脱Aマウント化が進み、結果現在はα7とα7RⅢの2台体制となり、レンズも広角以外はある程度揃えることが出来たのですが・・・
α6000のサブ化記事で触れておきながらFE 50mm F1.8の記事をいつまで経っても書いてないなぁと思い、今回のレビューに至りましたw



レンズに関して

まずスペックに関してちょいとおさらいしましょう(゚∀゚)
SONY FE 50mm F1.8(SEL50F18F)スペック表
焦点距離50mm
レンズ構成5群6枚
開放絞り1.8
最小絞り22
絞り羽根7枚
絞り形状円形
最短撮影距離0.45m
最大撮影倍率0.14倍
フィルター径49
手ブレ補正無し
重さ186g

さて、スペックに関して言えば平々凡々な明るさを抑えた(っと言っても開放F1.8は大口径!)撒き餌さレンズという感じです。
Aマウント時代だとSONY DT 50mm F1.8 SAM(SAL50F18)やMINOLTA AF 50mm F1.7、他社で言えばCanon EF 50mm F1.8 STMやNikon AF-S NIKKOR 50mm F1.8Gに該当するレンズとなります。
SONYはこのレンズの他に50mm前後のレンズを

「SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)」
「SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(SEL50F14Z)」
「SONY FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)」

とラインナップしており、更に他社からは

「Carl Zeiss Loxia 2/50」
「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」
「SAMYANG 50mm F1.4 AS UMC」
「SAMYANG AF50mm F1.4 FE」
「HandeVision IBERIT 50mm f/2.4 」

etc....と乱立状態にありますw
これだけ50mm前後のネイティブEマウントレンズが有る中で「FE 50mm F1.8」が担うものは間違いなく「α7シリーズの撒き餌さレンズ」であることは明白ですね。
現在記事作成時(2018年4月10日現在)の価格.comの最安値は28,905円となっています。Eマウント単焦点レンズとしてはかなりの低価格クラスとなりますが、そこはSONYプライス。Canonの撒き餌さレンズのような安さではありませんw



AFに関してはSSMやSAMなどでは無くDCモーターを採用とのこと。
造りに関しては、マウント部分は金属製で、鏡胴はプラスチック。デザイン的につや消しプラのためかさほどチープ感は感じませんが、手に持ったときの軽さはなかなか。フィルター径49mmで小型なレンズです。
α7やα7RⅢ、α6000との組み合わせでもフロントヘビーになること無く、バランスが良いです。

さて、このレンズを紹介する中で、一つだけ注意点があります。
それはこのレンズは「SEL50F18F」であって「SEL50F18」では無いと言うことです。
なにを言っているのかわけがわからない人もいらっしゃるかもしれませんが、SONYから出ている「Eマウント」の50mmレンズは実はもう1本存在しており、そのレンズの名前が「SONY E 50mm F1.8 OSS(SEL50F18)」となっています。
正式名称ではある程度区別が付きますが、型番だと「SEL50F18」と「SEL50F18F」という大変、大変、大変わかりづらくなっていますww
SONY E 50mm F1.8 OSS(SEL50F18)の方はSONY のAPS-C Eマウントボディ(α6000シリーズやα5100、NEX-6)専用レンズとなっているため、α7シリーズで使おうと間違って購入すると永遠とAPS-Cクロップの75mmで使う羽目になりますヽ(;´Д`)ノ
DSC09102

DSC09100

DSC09105


SONY FE 50mm F1.8 (SEL50F18F)を使用した写真

さて、SONY FE 50mm F1.8 (SEL50F18F)で撮影した写真を掲載します。α7、α7RⅢ、α6000で撮影した写真になります。
が・・・今回はかなり枚数が多いのでご注意を!(何を?)
DSC04956

DSC05020

DSC05044

DSC05066

DSC05512

DSC05677

DSC05962

DSC06222

DSC06304

DSC06355

DSC06332

DSC09228

DSC04318

DSC04199

DSC05937

DSC08463

DSC07560

DSC07544

DSC06494

DSC02898

DSC03061

DSC03176

DSC03168

DSC03290

DSC03279

DSC03375

DSC03490

レンズの使用感等の雑感

SONY FE 50mm F1.8 (SEL50F18F)は巷では「AFがクッソ遅い」と言われています。

Exactly!そのとおりでございます!

おそらくEマウント全レンズの中でワースト1位か2位のレベルの遅さだと思います。
前評判を知った上で最初使用した時はぶっちゃけ壊れてるのか?と思うレベルでしたw
一応、FWのアップデートが来て、若干速くはなったのですが、初代α7シリーズとの組み合わせは「静物なら・・まぁ・・」というレベルでした。
AF時のモーター音も割と耳にするので、動画撮影などでは使用しづらいのではないかなぁと感じます。
MFでの操作感は良さげな感じで、ピントリングラバーのグリップ感やピントリングのトルク感は良いのですが・・如何せんMFメインで撮影するレンズでは無いと思うので、AFスピードの遅さはこのレンズのウィークポイントであります。
基本的には街スナップや花、風景撮りに使用する私のスタイルでは問題なく使用ができていますが、例えば

「α7シリーズを使ってるけど、子供を撮るのに単焦点レンズが欲しいからFE 50mm F1.8を買う!」

「α7シリーズを買って、最初のレンズとしてFE 24-105mm F4 G OSS買おうとしたら在庫無くて仕方なくFE 50mm F1.8を買う!」

なんて方はまぁ・・まぁちょっと考え直したほうが良いかもしれません(おい!w)
このレンズは撒き餌さレンズであり、コストを抑えたレンズであるということを認識しつつ、AFが遅い故に素早い撮影がもしかしたら困難なレンズかもしれないという点を踏まえた上で購入すべきレンズなのです!(初見殺し)
クソレンズじゃん!とお思いでしょう。えぇ。否定はしません。このレンズがお嫌いな方は結構居ます。
でも、たった186gという軽さ、気兼ねなく使える価格、バッグに入れても邪魔にならないコンパクトさ。これらを兼ね備えるレンズは他には無いのです。

私個人としては、このレンズは写りの面に着目しており、開放F1.8でも柔らかさの中でピント面は意外としっかり描写している印象で、コントラスト・彩度ともに良好。F4まで絞ると、開放で緩かった周辺が締まり、中央のシャープネスに迫る形で周辺の描写力が上がるのでかっちり仕上げたい場合はF4ぐらいまで絞るとバランスが取れた良い写りになると思っています。
ボケ味については、このレンズの好きな部分の1つで、開放での玉ボケの煩さや二線ボケの傾向、口径食、収差、どれをとっても現在出ている現行のレンズでは出ないような、非常にオールドレンズライクなボケ味です。
逆を言えばかっちりとした写りを好む方にはあまりオススメできないかもしれません。しかし柔らかな描写、大きめの周辺減光、ボケ味、この3者が揃った写りはなぜか心惹かれます。

SONYの無印レンズと呼ばれる「Zeiss」「G」「GMaster」のどれにもカテゴライズされていないレンズは値段と写りのバランスが非常に良い印象を持っています。
その中でFE 50mm F1.8は非常に好みが分かれるレンズであると否定できませんが、私個人としては1本持っておいても損はしないだろうと思います。
なによりその写りにハマってしまい、購入当初はα7のボディキャップ代わりに付けっぱなしにしていましたし、α7との組み合わせでは撮影時に全く苦にならない軽量セットでした。現在はα7RⅢで使用していますが、もちろん軽量なのは当たり前として、この組み合わせだとAFもかなり速くなり(α7比)、益々使用頻度が上がりましたw


総括

好き嫌いのはっきりするレンズ。
そういった訳でCanonのEF 50mm F1.8 STMのように万人に「とりあえず買っとけ!!」と言えるようなレンズでは無いと言う意味で、撒き餌さレンズとしては失敗しているような気もするのですが、α7シリーズを使用している方やα6000、α5000シリーズを使っていて、いずれフルサイズに・・・と考えている方には低価格で買える単焦点レンズとしてオススメできるのではないかなぁと思います。
私のこのレンズのイメージは「オールドレンズ風AF可能な50mmレンズ!」
故にオールドレンズ沼住民の私としては本当にこのレンズがお気に入りですw
欲を言うともう少し寄れる(最短撮影距離を0.35mとか・・)と最高なレンズなのですが、その役回りはSONY FE 50mm F2.8 Macro(SEL50M28)に任せるとしましょうw

そんな訳でとりあえず今回はこの辺で!ヾ(゚ω゚)ノ゛

DSC00070

オールドレンズ沼への導き

オールドレンズ沼への導きVol.10 「MAMIYA-SEKOR MACRO C 80mm F4」

名機マミヤ645用マクロレンズ「MAMIYA-SEKOR MACRO C 80mm F4」

さて今回はいつものオールドレンズとはちょっと雰囲気のちがうレンズ「MAMIYA-SEKOR MACRO C 80mm F4」をお届けします。
ILCE-7DSC09046

ILCE-7DSC09053



レンズに関して

MAMIYA-SEKOR MACRO C 80mm F4はマミヤ光機が世界初の6×4.5判一眼レフカメラとして1975年に販売した「MamiyaM645」用に販売されていたマクロレンズです。私の所有する個体はコーティングが新しくなったN型ではなく旧型のタイプで、レンズ構成は4群6枚、最短撮影距離0.36mのハーフマクロレンズになります。レンズ前面に「MAG SPENCER」と書かれたリングは等倍撮影用の接写リングを付けた際に使用する補正機構です。
645判で80mmのレンズは35mm換算50mm相当なので645で使うと感覚的には50mmマクロと言った感じですかねw
中判レンズなのでお花撮影というよりは複写目的で使われていたレンズだと思います。
(このレンズが小さいのかα7RⅢ(α7RIII)が大きいのか…この組み合わせは意外にバランスが良い)

MAMIYA-SEKOR MACRO C 80mm F4を使用した写真

それでは毎度おなじみ、作例のコーナー!
ILCE-7RM3DSC08556

ILCE-7RM3DSC08649

ILCE-7RM3DSC08671

ILCE-7RM3DSC08706

ILCE-7RM3DSC08818

ILCE-7RM3DSC09238

ILCE-7RM3DSC09978

ILCE-7RM3DSC09989

ILCE-7RM3DSC08643



使用してみて…

私がメインで使っている中判カメラ「MAMIYA 645PRO」用に購入したレンズですが、α7RⅢ(α7RIII)で使用しています。
よくフルサイズ用レンズをAPS-C機やm4/3機で使う際に「レンズの美味しいところを使う」と書かれますが、今回はそれをフルサイズで行う、すなわち「中判用レンズをフルサイズで使用することでレンズの美味しいところを使う」をしたわけですねw
それを踏まえての感想ですが、さすが中判用レンズ!α7RⅢ(α7RIII)の4240万画素で使用しても破綻なく描写してくれます。開放で使用してもピント面の鋭さは、さすが・・ボケは流石に古風な感じですが、色乗りも大変良く、素晴らしい写りを見せてくれました。
ぶっちゃけると全然オールドレンズらしくないw
でも発売から40年以上も経つ立派なオールドレンズです!

レンズの入手に関して

悲しい事にMAMIYAの中判カメラはこのMAMIYA645シリーズ然り、RB67シリーズ然り、捨て値になりつつあります。
他の中判カメラは比較的いい値段するんですが・・何故なんだろうか・・・
なので比較的安価に購入が可能です。
ヤフオクを始めとしたオークションサイトでは4000円~10000円、中古カメラ屋でも25000円以下で入手可能だと思います。
これを機にみんなで中判を始めよう!\(^o^)/

雑談

α7RⅢ(α7RIII)を使い始めて、以前のα7以上にMFレンズの操作性が良くなったので、今回MAMIYA-SEKOR MACRO C 80mm F4の撮影は想像以上に快適な撮影でした。
ピント拡大の機能は従来のα7同様ですが、撮影後、再生ボタンを押し、撮影した写真のピント確認のため拡大ボタンを押した際に、撮影時にピント拡大をしていた箇所に自動的に拡大表示されるのは大変ありがたい機能です(ごちゃごちゃだけど伝わるかな?)

中判フォーマットのカメラはRB67とMAMIYA 645PROを使っていましたが、RB67は売却し、645で一本化しました。RB67はとっても良い写りをしてくれるんですが・・・如何せん私のスキルだと日中でも三脚・一脚必須なので、実用性皆無だと感じましたw
今でも月1~2本はブローニーで撮影していますがMAMIYA 645PRO。良いですねぇ。好きです。惜しむらくはMAMIYA自体が消えてしまったことでしょうか・・・厳密に言えば現在は「PHASE ONE」が事業を引き継いで居ますが・・・

とりあえず今回はこの辺で!ヾ(゚ω゚)ノ゛
MAMIYA 645 PRO


MINOLTAオールドレンズの復活

MINOLTAオールドレンズの復活Vol.9「CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 C」

数少ない、MINOLTAのLマウントレンズ「CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 C」

今回のレンズはMINOLTAの前、千代田光学精工株式会社が出していたレンズ、CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 Cをお届けします。
SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08820

レンズに関して

ミノルタがまだ千代田光学精工だった1948年から10年間ほど販売していたカメラ、「MINOLTA35」の標準レンズとして販売されていたのが今回のレンズで、元々は我々ミノルタンの中でも人気の高い「CHIYOKO SUPER ROKKOR 45mm F2.8」、通称「梅鉢」がMINOLTA35にセットとして売られていたレンズでした。おそらく梅鉢についてはいずれこの企画で紹介はしますが、このレンズは今日の標準フォーマットである、「ライカ判(24mm×36mm)」ではなく、「ニホン判(24mm×32mm)」に合わせて作られたレンズで、このレンズを基本設計はそのまま改良し、ライカ判に合わせたのがCHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 Cです。

バルナック型ライカをかなり強く意識した所謂「コピーライカ」のレンズ達は、大元のライカレンズを含めてその機構の仕様から最短撮影距離が長いものが多く、SUPER ROKKOR 5cm F2.8も例外ではなく3.3ft(約1m)と、昨今の50mmレンズと比べると長いです。
レンズ構成は3群5枚。ミノルタ的表記だとROKKOR-TEと言った感じでしょうか?w
他のライカレンズを意識してか美しいクローム鏡胴で重さもあり高級感はあります(・∀・)
SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08821

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08822

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08828

CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cm F2.8 Cを使用した写真

毎度恒例、駄作写真のコーナーです(゚∀゚)
ちなみに今回からSONY α7RⅢでの撮影となります。
SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07653

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07695

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07726

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07795

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07761

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC07826

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08708

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08739

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08762

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC08912






使用してみて・・・

まだ記事にしていませんが、上で書いた所謂「梅鉢(CHIYOKO SUPER ROKKOR 45mm F2.8)」から周辺減光を若干取り除いたような・・そんな感じのレンズで、逆光・半逆光では全体的にフレア、ゴーストが出ますが、順光での色乗りはとても良く、この頃からMINOLTAはMINOLTAだったんだと感じましたww
ボケに関しては、後のMINOLTAレンズにも見られる、じわぁ~っとした滲むような感じと非点収差が織り交ざったボケ味です。また、口径食もかなり強く出ており、円形のボケを保っていられるのは中央付近のみで、四隅に行くに従い強く出ています。
ただ、ピント面は割りとシャープな場面もあり、標準レンズとしては安定した画作りで一人前なレンズの感じがしますね。
梅鉢共々このレンズは私好み(*´д`*)

レンズの入手に関して

SUPER ROKKORネームのレンズの一番人気は文句なく梅鉢であり、このレンズの人気はさほどではありません。
故に頭数は梅鉢ほどではないのですが、梅鉢に比べて安いというのがこのレンズ。
オークション相場は12000円ほどで、中古カメラ屋での価格も安いもので12000円、高いものでも25000円程度だと思います。

総括

MINOLTAのライカレンズ、SUPER ROKKORですが、実はかなり種類があるようで、私が見たことがあるもので35mmF3.5、45mmF2.8、50mmF2、50mmF1.8、85mmF2.8、110mmF5.6、135mmF4とありこの他にも多々あるようですが、MINOLTA35自体はそこそこ売れたカメラではあるのですが、如何せんレンズの方はほとんど売れなかったようで、見つけるのに大変苦労します(;・∀・)
販売数が少ないがゆえに、他の日本メーカーのLマウントレンズより高額な場合もありなかなかMINOLTAフェチな私としては悩みどころ・・・
さらにLマウントといえばMINOLTAのコンパクトフィルムカメラTC-1についていた28mm F3.5を2000本限定でLマウント化したG-ROKKOR 28mm F3.5がありますが、現在の市場価格は10万円前後と非常に高価です・・・・
今の私としては、同じ10万を出すなら中古でSONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを買いたい所。MINOLTAは変な所で人気というか希少というか・・ww

話は変わりますが、今回からSONY α7RⅢにTECHART LM-EA7のセットで撮影を行っています。
ずっと使いたかったAFアダプターのLM-EA7。このアダプターは本当に凄い!このアダプターのお陰で更に撮影が楽になり、楽しくなりました。じっくり撮りたい時はヘリコイドアダプターを使い、スナップや気軽に撮りたい時はLM-EA7を・・という使い分けで行こうかと思います。α7RⅢでの使用はAFの速度、精度、共に上々で非常に満足していますが、更にレンズ沼に使ったような気がしてならない・・・(;・∀・)
今後、大型レンズ以外の記事に関してはLM-EA7を使っていきますので、そのうちLM-EA7の使用感レビューも記事できたらと考えています。よろしくお願いいたします!

それではまた次回の記事で!
ヾ(゚ω゚)ノ゛

SUPER ROKKOR 50mm F2.8DSC09009